検索

2.16. NFS-Ganesha への名前空間のエクスポート

download PDF

Red Hat Ceph Storage 3 以降では、Ceph Object Gateway は、実稼働システムに NFS バージョン 3 および NFS バージョン 4.1 を使用して、S3 オブジェクト名前空間をエクスポートする機能を提供します。

注記

NFS Ganesha 機能は一般的な使用ではなく、S3 クラウドへの移行のみを目的としています。

注記

Red Hat Ceph Storage は、バージョン付けされたバケットの NFS エクスポートをサポートしません。

この実装は、UNIX 形式のパス名を S3 バケットおよびオブジェクトにマッピングする Amazon Web Services (AWS) 階層名前空間の規則に準拠しています。アタッチされた名前空間のトップレベルは、存在する場合は NFSv4 疑似 root に従属し、Ceph Object Gateway S3 バケットで設定されます。バケットは、NFS ディレクトリーとして表されます。バケット内のオブジェクトは、S3 規則に従って、NFS ファイルおよびディレクトリー階層として表示されます。ファイルおよびディレクトリーを作成する操作はサポートされています。

注記

ハードリンクまたはソフトリンクの作成または削除は、サポートされていません。バケットまたはディレクトリーでの名前変更操作の実行は NFS 経由ではサポートされていませんが、ファイルでの名前変更はディレクトリー内およびディレクトリー間、およびファイルシステムと NFS マウント間でサポートされています。ファイルの名前変更操作は、NFS 上で行う場合、ターゲットディレクトリーを変更し、通常は完全な readdir を強制的に更新するため、コストが高くなります。

注記

NFS マウントを使用したファイルの編集はサポートされていません。

注記

Ceph Object Gateway では、アプリケーションがオフセット 0 からファイルの終わりまで順番に書き込む必要があります。順不同で書き込もうとすると、アップロード操作が失敗します。この問題を回避するには、ファイルを NFS 領域にコピーする際に、cpcatrsync などのユーティリティーを使用します。常に sync オプションでマウントします。

NFS を使用する Ceph Object Gateway は、Gateway サーバーのインプロセスライブラリーパッケージと、NFS-Ganesha NFS サーバーの File System Abstraction Layer (FSAL) 名前空間ドライバーに基づいています。ランタイム時に、NFS を使用する Ceph Object Gateway デーモンのインスタンスは、Civetweb HTTP サービスがない場合でも、完全な Ceph Object Gateway デーモンと NFS-Ganesha インスタンスを単一のプロセスで結合します。この機能を使用するには、NFS-Ganesha バージョン 2.3.2 以降をデプロイします。

NFS-Ganesha (nfs-ganesha-rgw) インスタンスを含むホストで 作業を開始する前に および NFS-Ganesha インスタンス のステップを実行します。

複数の NFS ゲートウェイの実行

各 NFS-Ganesha インスタンスは完全なゲートウェイエンドポイントとして機能しますが、HTTP サービスをエクスポートするように NFS-Ganesha インスタンスを設定できないという制限が現時点であります。通常のゲートウェイインスタンスと同様に、任意の数の NFS-Ganesha インスタンスを起動し、クラスターから同じまたは異なるリソースをエクスポートできます。これにより、NFS-Ganesha インスタンスのクラスターリングが可能になります。ただし、これは高可用性を意味するものではありません。

通常のゲートウェイインスタンスと NFS-Ganesha インスタンスが同じデータリソースと重複している場合、標準の S3 API から、およびエクスポートされた NFS-Ganesha インスタンスを介してアクセスできます。NFS-Ganesha インスタンスを同じホスト上の Ceph Object Gateway インスタンスと同じ場所に配置できます。

作業を開始する前に

  1. NFS-Ganesha を実行する前に、NFS-Ganesha を実行するホストで実行中のカーネル NFS サービスインスタンスをすべて無効にします。NFS-Ganesha は、別の NFS インスタンスが実行している場合は起動しません。
  2. root で Red Hat Ceph Storage Tools リポジトリーを有効にします。

    Red Hat Enterprise Linux 7

    # subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-rhceph-4-tools-rpms

    Red Hat Enterprise Linux 8

    # subscription-manager repos --enable=rhceph-4-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms

  3. rpcbind サービスが実行していることを確認します。

    # systemctl start rpcbind
    注記

    rpcbind を提供する rpcbind パッケージは通常、デフォルトでインストールされます。そうでない場合は、最初にパッケージをインストールします。

    NFS の rpcbind の使用方法の詳細は、Red Hat Enterprise Linux 7 のストレージ管理ガイドの 必要なサービス セクションを参照してください。

  4. nfs-service サービスが実行中である場合は、これを停止して無効にします。

    # systemctl stop nfs-server.service
    # systemctl disable nfs-server.service

NFS-Ganesha インスタンスの設定

  1. nfs-ganesha-rgw パッケージをインストールします。

    # yum install nfs-ganesha-rgw
  2. Ceph Monitor ノードから NFS-Ganesha ホストの /etc/ceph/ ディレクトリーに Ceph 設定ファイルをコピーし、必要に応じて編集します。

    # scp <mon-host>:/etc/ceph/ceph.conf <nfs-ganesha-rgw-host>:/etc/ceph
    注記

    Ceph 設定ファイルには、有効な [client.rgw.{instance-name}] セクションと、rgw_datakeyringrgw_frontends など、必要なさまざまな Gateway 設定変数が含まれている必要があります。有効な S3 バケットの命名要件に準拠していない Swift コンテナーをエクスポートする場合は、Ceph 設定ファイルの [client.rgw] セクションで rgw_relaxed_s3_bucket_namestrue に設定します。たとえば、Swift コンテナー名にアンダースコアが含まれる場合、これは有効な S3 バケット名ではなく、rgw_relaxed_s3_bucket_namestrue に設定されていない限り同期されません。NFS 外にオブジェクトおよびバケットを追加すると、これらのオブジェクトは、デフォルトで rgw_nfs_namespace_expire_secs によって設定された時間に NFS 名前空間に表示されます。デフォルトでは約 5 分です。Ceph 設定ファイルの rgw_nfs_namespace_expire_secs のデフォルト値を上書きして、更新レートを変更します。

  3. NFS-Ganesha 設定ファイルを開きます。

    # vim /etc/ganesha/ganesha.conf
  4. FSAL (File System Abstraction Layer) ブロックを使用して EXPORT セクションを設定します。ID、S3 ユーザー ID、S3 アクセスキー、およびシークレットを指定します。NFSv4 の場合は、以下のようになります。

    EXPORT
    {
            Export_ID={numeric-id};
            Path = "/";
            Pseudo = "/";
            Access_Type = RW;
            SecType = "sys";
            NFS_Protocols = 4;
            Transport_Protocols = TCP;
            Squash = No_Root_Squash;
    
            FSAL {
                    Name = RGW;
                    User_Id = {s3-user-id};
                    Access_Key_Id ="{s3-access-key}";
                    Secret_Access_Key = "{s3-secret}";
            }
    }

    Path オプションは、エクスポートを見つける場所を Ganesha に指示します。VFS FSAL の場合は、これはサーバーの名前空間内の場所になります。他の FSAL の場合は、その FSAL の名前空間が管理するファイルシステム内の場所になる可能性があります。たとえば、CephFSAL を使用して CephFS ボリューム全体をエクスポートする場合、Path/ になります。

    Pseudo オプションは、Ganesha に対して NFS v4 の擬似ファイルシステムの名前空間内にエクスポートを配置するよう指示します。NFS v4 は、エクスポートの実際の場所に対応しない疑似名前空間を構築する可能性があるサーバーを指定し、その疑似ファイルシステムの一部は NFS サーバーのレルム内にのみ存在し、物理ディレクトリーに対応しない可能性があります。さらに、NFS v4 サーバーはすべてのエクスポートを 1 つの名前空間に配置します。単一のエクスポートを疑似ファイルシステムの root としてエクスポートすることは可能ですが、複数のエクスポートを疑似ファイルシステムに配置する方がはるかに一般的です。従来の VFS では、多くの場合、Pseudo の場所は Path の場所と同じです。/Path として使用して CephFS エクスポート例に戻る場合、複数のエクスポートが必要な場合は、エクスポートに Pseudo オプションが他にない可能性があります。たとえば、/ceph です。

    NFSv3 に対応する EXPORT ブロックには、NFS_Protocols 設定でバージョン 3 を含める必要があります。さらに、NFSv3 は、UDP トランスポートをサポートする最後のメジャーバージョンになります。標準の初期バージョンには UDP が含まれていましたが、RFC 7530 ではその使用が禁止されています。UDP を有効にするには、Transport_Protocols 設定に追加します。以下に例を示します。

    EXPORT {
    ...
        NFS_Protocols = 3,4;
        Transport_Protocols = UDP,TCP;
    ...
    }

    SecType = sys; を設定することで、クライアントは Kerberos 認証なしで接続できます。

    Squash = No_Root_Squash; を設定すると、ユーザーは NFS マウント内のディレクトリー所有権を変更できます。

    従来の OS ネイティブ NFS 4.1 クライアントを使用する NFS クライアントは通常、移行先サーバーの pseudofs root で定義されるエクスポートされたファイルシステムのフェデレーションされた名前空間を表示します。これらの任意の数を Ceph Object Gateway エクスポートに指定できます。

    各エクスポートには、nameUser_IdAccess_Key、および Secret_Access_Key という独自のタプルがあり、指定されたユーザーが確認できるオブジェクトの名前空間のプロキシーを作成します。

    ganesha.conf のエクスポートには、NFSV4 ブロックを含めることもできます。Red Hat Ceph Storage では、idmapper プログラムを設定する代わりに、Allow_Numeric_Owners パラメーターおよび Only_Numberic_Owners パラメーターサポートされます。

    NFSV4 {
        Allow_Numeric_Owners = true;
        Only_Numeric_Owners = true;
    }
  5. NFS_CORE_PARAM ブロックを設定します。

    NFS_CORE_PARAM{
        mount_path_pseudo = true;
    }

    mount_path_pseudo 設定設定は、true に設定すると、NFS v3 および NFS v4.x のマウントが同じサーバー側パスを使用してエクスポートに到達させます。

        mount -o vers=3 <IP ADDRESS>:/export /mnt
        mount -o vers=4 <IP ADDRESS>:/export /mnt
    Path            Pseudo          Tag     Mechanism   Mount
    /export/test1   /export/test1   test1   v3 Pseudo   mount -o vers=3 server:/export/test1
    /export/test1   /export/test1   test1   v3 Tag      mount -o vers=3 server:test1
    /export/test1   /export/test1   test1   v4 Pseudo   mount -o vers=4 server:/export/test1
    /               /export/ceph1   ceph1   v3 Pseudo   mount -o vers=3 server:/export/ceph1
    /               /export/ceph1   ceph1   v3 Tag      mount -o vers=3 server:ceph1
    /               /export/ceph1   ceph1   v4 Pseudo   mount -o vers=4 server:/export/ceph1
    /               /export/ceph2   ceph2   v3 Pseudo   mount -o vers=3 server:/export/ceph2
    /               /export/ceph2   ceph2   v3 Tag      mount -o vers=3 server:ceph2
    /               /export/ceph2   ceph2   v4 Pseudo   mount -o vers=4

    mount_path_pseudo の設定設定を false に設定すると、NFS v3 は Path オプションを使用し、NFS v4.x マウントは Pseudo オプションを使用します。

    Path            Pseudo          Tag     Mechanism   Mount
    /export/test1   /export/test1   test1   v3 Path     mount -o vers=3 server:/export/test1
    /export/test1   /export/test1   test1   v3 Tag      mount -o vers=3 server:test1
    /export/test1   /export/test1   test1   v4 Pseudo   mount -o vers=4 server:/export/test1
    /               /export/ceph1   ceph1   v3 Path     mount -o vers=3 server:/
    /               /export/ceph1   ceph1   v3 Tag      mount -o vers=3 server:ceph1
    /               /export/ceph1   ceph1   v4 Pseudo   mount -o vers=4 server:/export/ceph1
    /               /export/ceph2   ceph2   v3 Path     not accessible
    /               /export/ceph2   ceph2   v3 Tag      mount -o vers=3 server:ceph2
    /               /export/ceph2   ceph2   v4 Pseudo   mount -o vers=4 server:/export/ceph2
  6. RGW セクションを設定します。インスタンスの名前を指定し、Ceph 設定ファイルへのパスを指定し、任意の初期化引数を指定します。

    RGW {
        name = "client.rgw.{instance-name}";
        ceph_conf = "/etc/ceph/ceph.conf";
        init_args = "--{arg}={arg-value}";
    }
  7. /etc/ganesha/ganesha.conf 設定ファイルを保存します。
  8. nfs-ganesha サービスを有効にして開始します。

    # systemctl enable nfs-ganesha
    # systemctl start nfs-ganesha
  9. 擬似ディレクトリーが非常に大きい場合には、ceph.conf ファイルの設定可能なパラメーター rgw_nfs_s3_fast_attrstrue に設定して、名前をイミュータブルかつ加速します。

    rgw_nfs_s3_fast_attrs= true
  10. 各ゲートウェイノードから Ceph Object Gateway サービスを再起動します。

    # systemctl restart ceph-radosgw.target

NFSv4 クライアントの設定

名前空間にアクセスするには、設定された NFS-Ganesha エクスポートをローカルの POSIX 名前空間で必要な場所にマウントします。前述のように、この実装には固有の制限がいくつかあります。

  • NFS 4.1 以降のプロトコルフレーバーのみがサポートされます。
  • 書き込み順序を設定するには、sync マウントオプションを使用します。

NFS-Ganesha エクスポートをマウントするには、クライアントホストの /etc/fstab ファイルに以下のエントリーを追加します。

<ganesha-host-name>:/ <mount-point> nfs noauto,soft,nfsvers=4.1,sync,proto=tcp 0 0

NFS-Ganesha ホスト名とクライアントのマウントポイントへのパスを指定します。

注記

NFS-Ganesha エクスポートを正常にマウントするには、クライアントに /sbin/mount.nfs ファイルが存在する必要があります。nfs-tools パッケージはこのファイルを提供します。多くの場合、パッケージはデフォルトでインストールされています。ただし、nfs-tools パッケージがクライアントにインストールされていることを確認し、インストールされていない場合はインストールします。

NFS の詳細は、Red Hat Enterprise Linux 7 のストレージ管理ガイドの ネットワークファイルシステム (NFS) の章を参照してください。

NFSv3 クライアントの設定

マウントオプションとして nfsvers=3 および noacl を指定して、Linux クライアントが NFSv3 でマウントされるように設定できます。UDP をトランスポートとして使用するには、proto=udp をマウントオプションに追加します。ただし、TCP が推奨されるプロトコルです。

<ganesha-host-name>:/ <mount-point> nfs noauto,noacl,soft,nfsvers=3,sync,proto=tcp 0 0
注記

NFS Ganesha EXPORT ブロックの Protocols 設定をバージョン 3 に設定し、マウントがバージョン 3 を UDP で使用する場合は Transports 設定を UDP に設定します。

NFSv3 はクライアントの OPEN および CLOSE 操作をファイルサーバーに通信しないため、RGW NFS はこれらの操作を使用して、ファイルのアップロードトランザクションの開始と終了をマークすることはできません。代わりに、RGW NFS は、オフセット 0 でファイルに最初の書き込みが送信されたときに新しいアップロードを開始しようとし、ファイルへの新しい書き込みが一定期間 (デフォルトでは 10 秒) 見られなかったときにアップロードを終了します。この値を変更するには、Ceph 設定ファイルの RGW セクションに rgw_nfs_write_completion_interval_s の値を設定します。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.