検索

4.3. アプリケーションで TLS 設定の強化

download PDF

RHEL では、システム全体の暗号化ポリシー は、暗号化ライブラリーを使用するアプリケーションが、既知の安全でないプロトコル、暗号化、またはアルゴリズムを許可しないようにするための便利な方法を提供します。

暗号化設定をカスタマイズして、TLS 関連の設定を強化する場合は、このセクションで説明する暗号化設定オプションを使用して、必要最小量でシステム全体の暗号化ポリシーを上書きできます。

いずれの設定を選択しても、サーバーアプリケーションが サーバー側が指定した順序 で暗号を利用することを確認し、使用される暗号化スイートの選択がサーバーでの設定順に行われるように設定してください。

4.3.1. TLS を使用するように Apache HTTP サーバーを設定

Apache HTTP Server は、TLS のニーズに OpenSSL ライブラリーおよび NSS ライブラリーの両方を使用できます。RHEL 8 では、mod_ss パッケージで mod_ssl 機能が提供されます。

# yum install mod_ssl

mod_ssl パッケージは、/etc/httpd/conf.d/ssl.conf 設定ファイルをインストールします。これは、Apache HTTP Server の TLS 関連の設定を変更するのに使用できます。

httpd-manual パッケージをインストールして、TLS 設定を含む Apache HTTP Server の完全ドキュメントを取得します。/etc/httpd/conf.d/ssl.conf 設定ファイルで利用可能なディレクティブの詳細は、/usr/share/httpd/manual/mod/mod_ssl.html を参照してください。さまざまな設定の例は、/usr/share/httpd/manual/ssl/ssl_howto.html ファイルに記載されています。

/etc/httpd/conf.d/ssl.conf 設定ファイルの設定を修正する場合は、少なくとも下記の 3 つのディレクティブを確認してください。

SSLProtocol
このディレクティブを使用して、許可する TLS または SSL のバージョンを指定します。
SSLCipherSuite
優先する暗号化スイートを指定する、もしくは許可しないスイートを無効にするディレクティブです。
SSLHonorCipherOrder
コメントを解除して、このディレクティブを on に設定すると、接続先のクライアントは指定した暗号化の順序に従います。

たとえば、TLS 1.2 プロトコルおよび 1.3 プロトコルだけを使用する場合は、以下を実行します。

SSLProtocol             all -SSLv3 -TLSv1 -TLSv1.1

詳細は、Deploying different types of serversConfiguring TLS encryption on an Apache HTTP Server の章を参照してください。

4.3.2. TLS を使用するように Nginx HTTP およびプロキシーサーバーを設定

Nginx で TLS 1.3 サポートを有効にするには、/etc/nginx/nginx.conf 設定ファイルの server セクションで、ssl_protocols オプションに TLSv1.3 値を追加します。

server {
    listen 443 ssl http2;
    listen [::]:443 ssl http2;
    ....
    ssl_protocols TLSv1.2 TLSv1.3;
    ssl_ciphers
    ....
}

詳細は、Deploying different types of serversAdding TLS encryption to an Nginx web server の章を参照してください。

4.3.3. TLS を使用するように Dovecot メールサーバーを設定

Dovecot メールサーバーのインストールが TLS を使用するように設定するには、/etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf 設定ファイルを修正します。このファイルで利用可能な基本的な設定ディレクティブの一部は、/usr/share/doc/dovecot/wiki/SSL.DovecotConfiguration.txt ファイルで説明されています。このファイルは Dovecot の標準インストールに含まれています。

/etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf 設定ファイルの設定を修正する場合は、少なくとも下記の 3 つのディレクティブを確認してください。

ssl_protocols
このディレクティブを使用して、許可または無効にする TLS または SSL のバージョンを指定します。
ssl_cipher_list
優先する暗号化スイートを指定する、もしくは許可しないスイートを無効にするディレクティブです。
ssl_prefer_server_ciphers
コメントを解除して、このディレクティブを yes に設定すると、接続先のクライアントは指定した暗号化の順序に従います。

たとえば、/etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf 内の次の行が、TLS 1.1 以降だけを許可します。

ssl_protocols = !SSLv2 !SSLv3 !TLSv1
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.