検索

9.3. NFS サービスの保護

download PDF

Kerberos を使用してすべてのファイルシステム操作を認証および暗号化して、ネットワークファイルシステムバージョン 4 (NFSv4) のセキュリティーを保護できます。ネットワークアドレス変換 (NAT) またはファイアウォールで NFSv4 を使用する場合に、/etc/default/nfs ファイルを変更することで委譲をオフにできます。委譲は、サーバーがファイルの管理をクライアントに委譲する手法です。対照的に、NFSv2 および NFSv3 ではファイルのロックとマウントに Kerberos は使用されません。

NFS サービスは、すべてのバージョンの NFS で TCP を使用してトラフィックを送信します。このサービスは、RPCSEC_GSS カーネルモジュールの一部として Kerberos ユーザーおよびグループ認証をサポートします。

NFS を利用すると、リモートのホストがネットワーク経由でファイルシステムをマウントし、そのファイルシステムを、ローカルにマウントしているファイルシステムのように操作できるようになります。集約サーバーのリソースを統合して、ファイルシステムを共有するときに /etc/nfsmount.conf ファイルの NFS マウントオプションをさらにカスタマイズできます。

9.3.1. NFS サーバーのセキュリティーを保護するエクスポートオプション

NFS サーバーは、/etc/exports ファイル内のどのファイルシステムにどのファイルシステムをエクスポートするかなど、ディレクトリーとホストのリスト構造を決定します。

警告

/etc/exports ファイルの構文に余分なスペースがあると、設定が大幅に変更される可能性があります。

以下の例では、/tmp/nfs/ ディレクトリーは bob.example.com ホストと共有され、読み取りおよび書き込みのパーミッションを持ちます。

/tmp/nfs/     bob.example.com(rw)

以下の例は上記と同じになりますが、同じディレクトリーを読み取り専用パーミッションで bob.example.com ホストに共有し、ホスト名の後の 1 つのスペース文字が原因で読み取りと書き込み権限で すべてのユーザー に共有します。

/tmp/nfs/     bob.example.com (rw)

showmount -e <hostname> コマンドを入力すると、システム上の共有ディレクトリーを確認できます。

/etc/exports ファイルでは次のエクスポートオプションを使用できます。

警告

ファイルシステムのサブディレクトリーをエクスポートするのはセキュアではないため、ファイルシステム全体をエクスポートしてください。攻撃者が、部分的にエクスポートされたファイルシステムのエクスポートされていない部分にアクセスする可能性があります。

ro
NFS ボリュームを読み取り専用としてエクスポートします。
rw
NFS ボリュームに対する読み取りおよび書き込み要求を許可します。書き込みアクセスが許可されると攻撃のリスクが高まるため、このオプションは注意して使用してください。rw オプションを使用してディレクトリーをマウントする必要がある場合は、起こりうるリスクを軽減するために、すべてのユーザーがディレクトリーに書き込み可能にしないようにしてください。
root_squash
uid/gid 0 からの要求を匿名の uid/gid にマップします。これは、bin ユーザーや staff グループなど、同様に機密である可能性の高い他の uid または gid には適用されません。
no_root_squash
root squash をオフにします。デフォルトでは、NFS 共有は root ユーザーを、非特権ユーザーである nobody ユーザーに変更します。これにより、root が作成したすべてのファイルの所有者が nobody に変更され、setuid ビットが設定されたプログラムのアップロードができなくなります。no_root_squash オプションを使用すると、リモートの root ユーザーは共有ファイルシステムの任意のファイルを変更し、他のユーザーに対してアプリケーションが Trojans に感染した状態のままにします。
secure
予約ポートへのエクスポートを制限します。デフォルトでは、サーバーは予約済みポートからのクライアント通信のみを許可します。ただし、多くのネットワークで、クライアント上で root ユーザーになるのは簡単です。そのため、サーバーで予約されたポートからの通信が特権であると仮定することは安全ではありません。そのため、予約ポートの制限は効果が限定的です。Kerberos、ファイアウォール、および特定クライアントへのエクスポートを制限することに依存すると良いでしょう。

また、NFS サーバーをエクスポートする際に、以下のベストプラクティスを考慮してください。

  • 一部のアプリケーションでは、パスワードをプレーンテキストまたは弱い暗号化形式で保存するため、ホームディレクトリーをエクスポートすることはリスクがあります。アプリケーションコードを確認して改善することで、リスクを軽減できます。
  • 一部のユーザーは SSH キーにパスワードを設定していないため、この場合もホームディレクトリーによるリスクが発生します。パスワードの使用を強制するか、Kerberos を使用することで、これらのリスクを軽減できます。
  • NFS エクスポートを必要なクライアントのみに制限します。NFS サーバーで showmount -e コマンドを使用して、サーバーのエクスポート内容を確認します。特に必要のないものはエクスポートしないでください。
  • 攻撃のリスクを減らすために、不要なユーザーがサーバーにログインできないようにしてください。サーバーにアクセスできるユーザーを定期的に確認してください。

関連情報

9.3.2. NFS クライアントのセキュリティーを保護するマウントオプション

mount コマンドに次のオプションを渡すと、NFS ベースのクライアントのセキュリティーを強化できます。

nosuid
nosuid オプションを使用して set-user-identifier または set-group-identifier ビットを無効にします。これにより、リモートユーザーが setuid プログラムを実行してより高い特権を取得するのを防ぎ、setuid オプションの反対となるこのオプションを使用できます。
noexec
noexec オプションを使用して、クライアント上の実行可能なファイルをすべて無効にします。これを使用して、ユーザーが共有ファイルシステムに配置されたファイルを誤って実行するのを防ぎます。
nodev
nodev オプションを使用して、クライアントがデバイスファイルをハードウェアデバイスとして処理するのを防ぎます。
resvport
resvport オプションを使用して、通信を予約済みポートに制限し、特権送信元ポートを使用してサーバーと通信できます。予約済みポートは、root ユーザーなどの特権ユーザーおよびプロセス用に予約されています。
NFS サーバーの sec オプションを使用して、マウントポイント上のファイルにアクセスするための RPCGSS セキュリティーフレーバーを選択します。有効なセキュリティーフレーバーは、nonesyskrb5krb5i、および krb5p です。
重要

krb5-libs パッケージが提供する MIT Kerberos ライブラリーは、新しいデプロイメントで Data Encryption Standard (DES) アルゴリズムに対応しなくなりました。DES は、セキュリティーと互換性の理由から、Kerberos ライブラリーでは非推奨であり、デフォルトで無効になっています。互換性の理由でご使用の環境で DES が必要な場合を除き、DES の代わりに新しくより安全なアルゴリズムを使用してください。

9.3.3. ファイアウォールでの NFS のセキュリティー保護

NFS サーバーでファイアウォールを保護するには、必要なポートのみを開いてください。他のサービスには NFS 接続ポート番号を使用しないでください。

前提条件

  • nfs-utils パッケージがインストールされている。
  • Firewalld パッケージがインストールされ、実行されている。

手順

  • NFSv4 では、ファイアウォールは TCP ポート 2049 を開く必要があります。
  • NFSv3 では、2049 で 4 つのポートを追加で開きます。

    1. rpcbind サービスは NFS ポートを動的に割り当て、ファイアウォールルールの作成時に問題が発生する可能性があります。このプロセスを簡素化するには、/etc/nfs.conf ファイルを使用して、使用するポートを指定します。

      1. [mountd] セクションの mountd (rpc.mountd) の TCP および UDP ポートを port=<value> 形式で設定します。
      2. [statd] セクションの statd (rpc.statd) の TCP および UDP ポートを port=<value> 形式で設定します。
    2. /etc/nfs.conf ファイルで NFS ロックマネージャー (nlockmgr) の TCP および UDP ポートを設定します。

      1. [lockd] セクションの nlockmgr (rpc.statd) の TCP ポートを port=value 形式で設定します。または、/etc/modprobe.d/lockd.conf ファイルの nlm_tcpport オプションを使用することもできます。
      2. [lockd] セクションの nlockmgr (rpc.statd) の UDP ポートを udp-port=value 形式で設定します。または、/etc/modprobe.d/lockd.conf ファイルの nlm_udpport オプションを使用することもできます。

検証手順

  • NFS サーバー上のアクティブなポートと RPC プログラムをリスト表示します。

    $ rpcinfo -p

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.