検索

8.2. リポジトリースキャンの管理

download PDF

Ansible コードボットダッシュボードには、コードボットがインストールされているリポジトリーのリストが表示され、スキャンスケジュールが設定されていないのか、手動スキャンまたはスケジュールスキャンに設定されているかが示されます。

手動スキャンを開始して Git リポジトリーをスキャンすることも、定期的にリポジトリーをスキャンするスケジュールを設定することもできます。スキャンが完了すると、スキャン履歴 (開始時刻、ステータス、スキャンの種類、作成された場合はプルリクエストへのリンク、スキャンが失敗した場合はログメッセージ) を表示できます。スキャン対象の新しいリポジトリーを追加したり、既存のリポジトリーをスキャン対象から削除したりすることもできます。

8.2.1. Git リポジトリーの手動スキャン

Ansible コードボットにスキャンスケジュールを設定しなかった場合、または次にスケジュールされたスキャンを待たない場合は、Git リポジトリーを手動でスキャンできます。リポジトリーを手動でスキャンしてもプルリクエストが作成されなかった場合は、重複したプルリクエストがすでに存在している可能性があります。Ansible コードボットダッシュボードと GitHub の両方からリポジトリーをスキャンできます。

8.2.1.1. Ansible コードボットダッシュボードからリポジトリーを手動でスキャンする

手順

  1. Ansible code bot dashboard にログインします。

    Repositories リストには、スキャン対象として選択したリポジトリーのリストが表示されます。

    注記

    Repositories リストにリポジトリーが表示されない場合は、スキャン用に追加できます。詳細は、Ansible コードボットへのリポジトリーの追加または削除 を参照してください。

  2. リポジトリーの手動スキャンを開始するには、Ellipsis アイコン ( Ellipsis icon ) スキャンするリポジトリーの横にある Scan now を選択します。
  3. Refresh をクリックして、スキャンジョブのステータスを表示します。
  4. リポジトリースキャンの詳細を表示するには、Ellipsis アイコン ( Ellipsis icon ) リポジトリーの横にある View scan history を選択します。

    リポジトリーのスキャン履歴は、スキャン開始時刻、スキャンステータス、スキャンの種類 (スケジュールまたは手動)、作成された場合はプルリクエストへのリンク、スキャンが失敗した場合はログメッセージとともに表示されます。

  5. GitHub 上のリポジトリーを表示するには、Ellipsis アイコン ( Ellipsis icon ) リポジトリーの横にある View repository を選択します。

8.2.1.2. GitHub からのリポジトリーの手動スキャン

手順

  1. GitHub で、スキャンするリポジトリーのメインページに移動します。
  2. リポジトリー設定を変更するには、About エリアの横にある Settings アイコンをクリックします。
  3. Topics フィールドに、リポジトリーへのキーワード ansible-code-bot-scan を入力します。

    次の図は、手動スキャンを開始するためのキーワードトピックを示しています。

    Ansible コードボット設定
  4. Save changes をクリックします。

    リポジトリー Webhook イベントに基づいて、Ansible コードボットはリポジトリーの手動スキャンを開始します。プルリクエストの重複を回避する条件が満たされていない場合、手動スキャンで、必要な Ansible コードボットの推奨事項がすべて含まれた新しいプルリクエストが生成されます。

8.2.2. Ansible コードボットのリポジトリーの定期スキャン設定

Ansible コードボットは、毎日、毎週、または毎月のリポジトリーをスキャンするようにスケジュールできます。リポジトリーのスキャンスケジュールを指定するには、リポジトリー内に設定ファイル ansible-code-bot.yml を作成し、.yml ファイルでスキャンスケジュールを指定します。

Git リポジトリーをスキャンする頻度を次のいずれかに指定できます。

  • Daily: 月曜日から日曜日まで毎日実行されます。
  • weekly: 週に 1 回実行します。デフォルトでは、これは月曜日に設定されています。
  • Monthly: 毎月 1 回、月の初日に実行されます。

各間隔で、Ansible コードボットは UTC 午前 9 時に Git リポジトリーのスキャンを開始します。

手順

  1. GitHub で、スキャンするリポジトリーに移動します。
  2. リポジトリーの .github フォルダーに ansible-code-bot.yml という名前の .yml 設定ファイルを作成します。たとえば、.github/ansible-code-bot.yml です。
  3. 設定ファイルで、interval パラメーターを指定します。interval パラメーターは、dailyweekly、または monthly として指定できます。以下に例を示します。

    schedule:
      interval: "<daily | weekly | monthly>"
  4. 変更をコミットします。

Ansible コードボットは、午前 9 時 (UTC) に設定したスケジュールに従ってリポジトリーのスキャンを開始します。

8.2.3. リポジトリーのスキャン履歴の表示

Ansible コードボットダッシュボードを使用して、リポジトリーとそのスキャン履歴の一覧を表示します。

手順

  1. Ansible code bot dashboard にログインします。

    Ansible コードボットダッシュボードには、コードボットがインストールされているリポジトリーのリストが表示され、スキャンスケジュールが設定されていないのか、手動スキャンまたはスケジュールスキャンに設定されているかが示されます。

  2. リポジトリーのスキャン履歴を表示するには、Ellipsis アイコン ( Ellipsis icon ) リポジトリーの横にある View scan history を選択します。

    リポジトリーのスキャン履歴は、スキャン開始時刻、スキャンステータス、スキャンの種類 (スケジュールまたは手動)、作成された場合はプルリクエストへのリンク、スキャンが失敗した場合はログメッセージとともに表示されます。

  3. GitHub 上のリポジトリーを表示するには、Ellipsis アイコン ( Ellipsis icon ) リポジトリーの横にある View repository を選択します。

8.2.4. Ansible コードボットからのリポジトリーの追加または削除

リポジトリーに対して Ansible コードボットを有効にしたり、管理する必要がなくなったリポジトリーを削除したりできます。

手順

  1. Ansible code bot dashboard にログインします。
  2. Manage Code Bot on GitHub をクリックします。
  3. GitHub で、プロファイルの写真 > Settings をクリックします。
  4. Integrations で、Applications をクリックします。
  5. Repository access 領域から、次のいずれかのタスクを実行します。

    • Add a new repository: Select repositories リストから、追加するリポジトリーを選択します。新たに追加したリポジトリーが Ansible code bot ダッシュボードに表示されます。
    • Remove an existing repository: Select repositories リストから、削除するリポジトリーの横にある 十字 アイコンをクリックします。削除されたリポジトリーの詳細が、Ansible コードボットダッシュボードに表示されなくなります。
  6. Save をクリックします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.