検索

第10章 トラブルシューティング

download PDF

このセクションには、Red Hat Ansible Lightspeed with IBM watsonx Code Assistant を使用する際の問題の診断と解決に役立つ情報が含まれています。

10.1. Red Hat Ansible Lightspeed 設定エラーのトラブルシューティング

10.1.1. Ansible Lightspeed 管理ポータルにアクセスできない

Ansible Lightspeed 管理者ポータルには、Red Hat 組織管理者のみがアクセスできます。

Red Hat 組織管理者の場合は、Ansible Lightspeed 管理者ポータルにアクセスする前に、以下を確認してください。

  • 有効な Ansible Automation Platform サブスクリプションがある。

10.1.2. API キーを保存できない

IBM watsonx Code Assistant の API キーを入力すると、認証が失敗し、次のエラーメッセージが表示されます。

IBM Cloud API key is invalid

Red Hat Ansible Lightspeed は、関連するアクセストークンを生成することで API キーを検証します。このエラーを解決するには、IBM watsonx Code Assistant から API キーを取得するときに、誤って余分なスペースを含めていないかを確認してください。それでも API キーをアップロードできない場合は、IBM サポート にお問い合わせください。

10.1.3. 認証に失敗したためモデル ID を設定できない

Red Hat Ansible Lightspeed 管理者ポータルにモデル ID を入力すると、認証に失敗します。

エラーを解決するには、以下を確認してください。

  • モデル ID をアップロードする前に、有効な API キーを設定した。
  • モデル ID を入力するときに、誤って余分なスペースを含めていない。

10.1.4. 推論失敗のためモデル ID を設定できない

モデル ID の検証時に Red Hat Ansible Lightspeed はテスト推論を実行します。Red Hat Ansible Lightspeed がエラーを検出した場合、検証は失敗し、Inference failed のメッセージが表示されます。

エラーを解決するには、以下を確認してください。

  • 有効な API キーとモデル ID がある。
  • IBM watsonx Code Assistant から API キーとモデル ID を取得するときに、誤って余分なスペースを含めていない。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.