検索

6.2. MicroShift ヘルスチェックスクリプト

download PDF

40_microshift_running_check.sh ヘルスチェックスクリプトは、コア MicroShift サービスの検証のみを実行します。カスタマイズしたワークロードのヘルスチェックスクリプトを Greenboot ディレクトリーにインストールして、システムの更新後にアプリケーションが正常に動作するようにします。スクリプトはアルファベット順に実行されます。

次の表に、MicroShift ヘルスチェックを示します。

表6.1 MicroShift の検証ステータスと結果
検証PassFail

スクリプトが root 権限で実行されることを確認する

次の手順

exit 0

microshift.service が有効になっていることを確認する

次の手順

exit 0

microshift.service がアクティブになるのを待つ (!failed)

次の手順

exit 1

Kubernetes API ヘルスエンドポイントが機能し、トラフィックを受信するまで待つ

次の手順

exit 1

任意の Pod が開始するのを待つ

次の手順

exit 1

コア namespace ごとに、イメージがプルされるのを待つ

次の手順

exit 1

コア namespace ごとに、Pod の準備が整うまで待つ

次の手順

exit 1

コア namespace ごとに、Pod が再起動していないかどうかを確認する

exit 0

exit 1

6.2.1. 検証待機期間

各検証の待機時間は、デフォルトで 5 分です。待機期間の後、検証が成功しなかった場合は、失敗が宣言されます。この待機期間は、検証ループで起動するたびに基本待機期間だけ増加します。

  • /etc/greenboot/greenboot.conf 設定ファイルで MICROSHIFT_WAIT_TIMEOUT_SEC 環境変数を設定することにより、基本時間の待機期間をオーバーライドできます。たとえば、MICROSHIFT_WAIT_TIMEOUT_SEC=180 のように値を 180 秒にリセットすることで、待機時間を 3 分に変更できます。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.