検索

7.14. Ceph Object Gateway のガベージコレクションの最適化

download PDF

新規データオブジェクトがストレージクラスターに書き込まれると、Ceph Object Gateway はこれらの新規オブジェクトにすぐにストレージを割り当てます。ストレージクラスターのデータオブジェクトを削除または上書きした後に、Ceph Object Gateway はバケットインデックスからこれらのオブジェクトを削除します。その後しばらくして、Ceph Object Gateway は、ストレージクラスターにオブジェクトを格納するために使用されたスペースをパージします。ストレージクラスターから削除されたオブジェクトデータをパージするプロセスは、ガベージコレクションまたは GC として知られています。

通常、ガベージコレクションの操作はバックグラウンドで実行されます。これらの操作は、継続的に実行するように設定することも、アクティビティーが少なくワークロードが軽い期間でのみ実行するように設定することもできます。デフォルトでは、Ceph Object Gateway は GC 操作を継続的に実行します。GC 操作は Ceph Object Gateway 操作の通常の部分であるため、ガベージコレクションの対象となる削除済みオブジェクトはほとんどの場合存在します。

7.14.1. ガベージコレクションキューの表示

削除および上書きされたオブジェクトをストレージクラスターからパージする前に、radosgw-admin を使用して、ガベージコレクションを待機しているオブジェクトを表示します。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスターがある。
  • Ceph Object Gateway へのルートレベルのアクセス。

手順

  • ガベージコレクションを待っているオブジェクトのキューを表示するには、以下を実行します。

    [ceph: root@host01 /]# radosgw-admin gc list

注記

有効期限が切れていないエントリーを含む、キュー内のすべてのエントリーを表示するには、--include-all オプションを使用します。

7.14.2. ガベージコレクション設定の調整

Ceph Object Gateway は、新規および上書きされたオブジェクトのストレージをすぐに割り当てます。また、マルチパートアップロードの一部も一部のストレージを使用します。

Ceph Object Gateway は、バケットインデックスからオブジェクトを削除した後に、削除されたオブジェクトに使用されるストレージ領域をパージします。同様に、Ceph Object Gateway は、マルチパートアップロードの完了後にマルチパートアップロードに関連付けられたデータを削除します。または、アップロードが非アクティブであるか、設定可能な期間完了に失敗した場合には、これを削除します。Red Hat Ceph Storage クラスターから削除されたオブジェクトデータをパージするプロセスは、ガベージコレクション (GC) と呼ばれます。

ガベージコレクション待ちのオブジェクトを表示するには、以下のコマンドを実行します。

radosgw-admin gc list

ガベージコレクションは、ストレージ管理者が Ceph Object Gateway をどのように設定するかに応じて、負荷の低いタイミングで継続的に実行するバックグラウンドアクティビティーです。デフォルトでは、Ceph Object Gateway はガベージコレクション操作を継続的に実行します。ガベッジコレクションの操作は Ceph Object Gateway の通常の機能であるため、特にオブジェクト削除操作では、ガベージコレクションの対象となるオブジェクトはほとんどの場合存在します。

一部のワークロードは、一時的または永続的にガベージコレクションのアクティビティーのレートをアウトプレートできます。これは、多くのオブジェクトが短期間保存され、その後に削除される、削除の多いワークロードが特に当てはまります。これらのタイプのワークロードでは、ストレージ管理者は、以下の設定パラメーターで、他の操作に関連したガベージコレクション操作の優先度を増やすことができます。

  • rgw_gc_obj_min_wait 設定オプションは、削除されたオブジェクトのデータをパージする前に待機する最小時間 (秒単位) です。デフォルト値は 2 時間 (7200 秒) です。クライアントはオブジェクトを読み取る可能性があるため、オブジェクトはすぐにパージされません。負荷が大きい場合、この設定は過剰なストレージを消費するか、パージする多数のオブジェクトが存在する可能性があります。Red Hat は、この値を 30 分以下の 1800 秒に設定しないことを推奨します。
  • rgw_gc_processor_period 設定オプションは、ガベージコレクションサイクルのランタイムです。つまり、ガベージコレクションスレッドが連続して実行されるまでの時間です。ガベージコレクションがこの期間よりも長く実行される場合、Ceph Object Gateway はガベージコレクションサイクルを再度実行する前に待機しません。
  • rgw_gc_max_concurrent_io 設定オプションは、削除されたデータをパージする際にゲートウェイガベッジコレクションスレッドが使用する同時 IO 操作の最大数を指定します。負荷が大きい場合には、この設定を多数の同時 IO 操作に増やすことを検討してください。
  • rgw_gc_max_trim_chunk 設定オプションは、単一の操作でガベージコレクターログから削除する鍵の最大数を指定します。大きな操作を削除する場合、それぞれのガベージコレクション操作中により多くのオブジェクトがパージされるようにキーの最大数を増やすことを検討してください。

Red Hat Ceph Storage 4.1 以降、ガベッジコレクションログからインデックスオブジェクトの OMAP をオフロードすると、ストレージクラスターのガべージコレクションアクティビティーのパフォーマンスへの影響が低下します。Ceph Object Gateway に新たな設定パラメーターが追加され、以下のようにガベージコレクションキューを調整します。

  • The rgw_gc_max_deferred_entries_size 設定オプションは、ガベージコレクションのキューに遅延エントリーの最大サイズを設定します。
  • rgw_gc_max_queue_size 設定オプションは、ガベッジコレクションに使用する最大キューサイズを設定します。この値は、osd_max_object_size から rgw_gc_max_deferred_entries_size を引いた値から 1KB を引いた値よりも大きくすることはできません。
  • rgw_gc_max_deferred 設定オプションは、ガベージコレクションキューに保存された遅延エントリーの最大数を設定します。
注記

これらのガベージコレクション設定パラメーターは、Red Hat Ceph Storage 5 以降を対象としています。

注記

テストでは、50% の削除操作と 50% の書き込み操作など、均等にバランスの取れた削除/書き込みワークロードを使用すると、ストレージクラスターは 11 時間で完全にいっぱいになります。これは、Ceph Object Gateway のガベージコレクションの削除操作によるペースの保持に失敗するためです。この場合、クラスターのステータスは HEALTH_ERR 状態に切り替わります。並列ガベッジコレクションの調整可能パラメーターの設定項目の設定により、テストするストレージクラスターセットが大幅に遅延し、多くのワークロードに役立ちます。典型的な実際のストレージクラスターワークロードは、主にガベージコレクションによりストレージクラスターがいっぱいになる可能性は想定されていません。

7.14.3. 削除が多いワークロードのガベージコレクションの調整

一部のワークロードは、一時的または永続的にガベージコレクションのアクティビティーの回数を上回る場合があります。これは、多くのオブジェクトが短期間保存されてから削除される、削除の多いワークロードに特に当てはまります。これらのタイプのワークロードでは、他の操作と比較してガベージコレクション操作の優先度を上げることを検討してください。Ceph Object Gateway ガベージコレクションに関するその他の質問については、Red Hat サポートにお問い合わせください。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスターがある。
  • ストレージクラスター内のすべてのノードへの root レベルのアクセス。

手順

  1. rgw_gc_max_concurrent_io の値を 20 に設定し、rgw_gc_max_trim_chunk の値を 64 に設定します。

    [ceph: root@host01 /]# ceph config set client.rgw rgw_gc_max_concurrent_io 20
    [ceph: root@host01 /]# ceph config set client.rgw rgw_gc_max_trim_chunk 64

  2. Ceph Object Gateway を再起動して、変更した設定が有効になるようにします。
  3. GC アクティビティー中にストレージクラスターを監視して、値の増加がパフォーマンスに悪影響を与えないことを確認します。
重要

実行中のクラスターの rgw_gc_max_objs オプションの値を変更しないでください。この値は、RGW ノードをデプロイする前にのみ変更する必要があります。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.