検索

12.4. NSS データベースでの証明書の保存

download PDF
デフォルトでは、certmonger.pem ファイルを使用して鍵と証明書を保存します。鍵と証明書を NSS データベースに保存するには、証明書の要求に使用するコマンドで-d および -n を指定します。
  • -d はセキュリティーデータベースの場所を設定します。
  • -n は、NSS データベースの証明書に使用される証明書のニックネームを指定します。
注記
.pem ファイルを提供する -f オプションおよび -k オプションの代わりに、-d オプションおよび -n オプションが使用されます。
以下に例を示します。
[root@server ~]# selfsign-getcert request -d /export/alias -n ServerCert ...
ipa-getcert および local-getcert を使用して証明書を要求すると、別の 2 つのオプションを指定できます。
  • -F は、CA の証明書を保存するファイルを指定します。
  • -a は、CA の証明書が保存される NSS データベースの場所を指定します。
注記
selfsign-getcert を使用して証明書を要求する場合、自己署名証明書の生成には CA が含まれないので、-F オプションおよび -a オプションを指定する必要はありません。
-F オプション、-a オプション、または local-getcert の両方を指定すると、ローカル署名者が発行した証明書を検証するために必要な CA 証明書のコピーを取得できます。以下に例を示します。
[root@server ~]# local-getcert request -F /etc/httpd/conf/ssl.crt/ca.crt -n ServerCert -f /etc/httpd/conf/ssl.crt/server.crt -k /etc/httpd/conf/ssl.key/server.key
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.