検索

第9章 RHEL Image Builder を使用した KVM ゲストイメージの準備とデプロイ

download PDF

RHEL Image Builder を使用して、カーネルベースの仮想マシン (KVM) をベースとしたハイパーバイザーにデプロイできる、専用の .qcow2 を作成します。

カスタマイズされた KVM ゲストイメージの作成には、以下の手順が含まれます。

  1. .qcow2 イメージのブループリントの作成
  2. RHEL Image Builder を使用した .qcow2 イメージの作成
  3. KVM ゲストイメージからの仮想マシンの作成

9.1. RHEL Image Builder を使用したカスタマイズされた KVM ゲストイメージの作成

RHEL Image Builder を使用して、カスタマイズした .qcow2 KVM ゲストイメージを作成できます。以下では GUI での手順を示していますが、CLI を使用することもできます。

前提条件

  • システムにアクセスするには、root または weldr グループに属している必要があります。
  • cockpit-composer パッケージがインストールされている。
  • RHEL システムで、Web コンソールの RHEL Image Builder ダッシュボードを開いている。
  • ブループリントを作成している。Web コンソールインターフェイスでのブループリントの作成 を参照してください。

手順

  1. 作成したブループリント名をクリックします。
  2. Images タブを選択します。
  3. Create Image をクリックして、カスタマイズしたイメージを作成します。Create Image ウィンドウが開きます。
  4. Type ドロップダウンメニューリストから、QEMU Image (.qcow2) を選択します。
  5. インスタンス化するときのイメージのサイズを設定し、Create をクリックします。
  6. ウィンドウの右上にある小さなポップアップに、イメージの作成がキューに追加されたことが表示されます。イメージ作成プロセスが完了すると、Image build complete のステータスが表示されます。

検証

  • パンくずリストのアイコンをクリックして、Download オプションを選択します。RHEL Image Builder は、KVM ゲストイメージ .qcow2 ファイルをデフォルトのダウンロード場所にダウンロードします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.