検索

8.3. nftables テーブル、チェーン、およびルールの作成および管理

download PDF

nftables ルールセットを表示して管理できます。

8.3.1. nftables テーブルの基本

nftables のテーブルは、チェーン、ルール、セットなどのオブジェクトを含む名前空間です。

各テーブルにはアドレスファミリーが割り当てられている必要があります。アドレスファミリーは、このテーブルが処理するパケットタイプを定義します。テーブルを作成する際に、以下のいずれかのアドレスファミリーを設定できます。

  • ip - IPv4 パケットのみと一致します。アドレスファミリーを指定しないと、これがデフォルトになります。
  • ip6 - IPv6 パケットのみと一致します。
  • inet - IPv4 パケットと IPv6 パケットの両方と一致します。
  • arp: IPv4 アドレス解決プロトコル (ARP) パケットと一致します。
  • bridge: ブリッジデバイスを通過するパケットに一致します。
  • netdev: ingress からのパケットに一致します。

テーブルを追加する場合、使用する形式はファイアウォールスクリプトにより異なります。

  • ネイティブ構文のスクリプトでは、以下を使用します。

    table <table_address_family> <table_name> {
    }
  • シェルスクリプトで、以下を使用します。

    nft add table <table_address_family> <table_name>

8.3.2. nftables チェーンの基本

テーブルは、ルールのコンテナーであるチェーンで構成されます。次の 2 つのルールタイプが存在します。

  • ベースチェーン: ネットワークスタックからのパケットのエントリーポイントとしてベースチェーンを使用できます。
  • 通常のチェーン: jump ターゲットとして通常のチェーンを使用し、ルールをより適切に整理できます。

ベースチェーンをテーブルに追加する場合に使用する形式は、ファイアウォールスクリプトにより異なります。

  • ネイティブ構文のスクリプトでは、以下を使用します。

    table <table_address_family> <table_name> {
      chain <chain_name> {
        type <type> hook <hook> priority <priority>
        policy <policy> ;
      }
    }
  • シェルスクリプトで、以下を使用します。

    nft add chain <table_address_family> <table_name> <chain_name> { type <type> hook <hook> priority <priority> \; policy <policy> \; }

    シェルがセミコロンをコマンドの最後として解釈しないようにするには、セミコロンの前にエスケープ文字 \ を配置します。

どちらの例でも、ベースチェーン を作成します。通常のチェーン を作成する場合、中括弧内にパラメーターを設定しないでください。

チェーンタイプ

チェーンタイプとそれらを使用できるアドレスファミリーとフックの概要を以下に示します。

タイプアドレスファミリーフック説明

filter

all

all

標準のチェーンタイプ

nat

ipip6inet

preroutinginputoutputpostrouting

このタイプのチェーンは、接続追跡エントリーに基づいてネイティブアドレス変換を実行します。最初のパケットのみがこのチェーンタイプをトラバースします。

ルート

ipip6

出力 (output)

このチェーンタイプを通過する許可済みパケットは、IP ヘッダーの関連部分が変更された場合に、新しいルートルックアップを引き起こします。

チェーンの優先度

priority パラメーターは、パケットが同じフック値を持つチェーンを通過する順序を指定します。このパラメーターは、整数値に設定することも、標準の priority 名を使用することもできます。

以下のマトリックスは、標準的な priority 名とその数値の概要、それらを使用できるファミリーおよびフックの概要です。

テキストの値数値アドレスファミリーフック

raw

-300

ipip6inet

all

mangle

-150

ipip6inet

all

dstnat

-100

ipip6inet

prerouting

-300

bridge

prerouting

filter

0

ipip6inetarpnetdev

all

-200

bridge

all

security

50

ipip6inet

all

srcnat

100

ipip6inet

postrouting

300

bridge

postrouting

out

100

bridge

出力 (output)

チェーンポリシー

チェーンポリシーは、このチェーンのルールでアクションが指定されていない場合に、nftables がパケットを受け入れるかドロップするかを定義します。チェーンには、以下のいずれかのポリシーを設定できます。

  • accept (デフォルト)
  • drop

8.3.3. nftables ルールの基本

ルールは、このルールを含むチェーンを渡すパケットに対して実行するアクションを定義します。ルールに一致する式も含まれる場合、nftables は、以前の式がすべて適用されている場合にのみアクションを実行します。

チェーンにルールを追加する場合、使用する形式はファイアウォールスクリプトにより異なります。

  • ネイティブ構文のスクリプトでは、以下を使用します。

    table <table_address_family> <table_name> {
      chain <chain_name> {
        type <type> hook <hook> priority <priority> ; policy <policy> ;
          <rule>
      }
    }
  • シェルスクリプトで、以下を使用します。

    nft add rule <table_address_family> <table_name> <chain_name> <rule>

    このシェルコマンドは、チェーンの最後に新しいルールを追加します。チェーンの先頭にルールを追加する場合は、nft add の代わりに nft insert コマンドを使用します。

8.3.4. nft コマンドを使用したテーブル、チェーン、ルールの管理

コマンドラインまたはシェルスクリプトで nftables ファイアウォールを管理するには、nft ユーティリティーを使用します。

重要

この手順のコマンドは通常のワークフローを表しておらず、最適化されていません。この手順では、nft コマンドを使用して、一般的なテーブル、チェーン、およびルールを管理する方法を説明します。

手順

  1. テーブルが IPv4 パケットと IPv6 パケットの両方を処理できるように、inet アドレスファミリーを使用して nftables_svc という名前のテーブルを作成します。

    # nft add table inet nftables_svc
  2. 受信ネットワークトラフィックを処理する INPUT という名前のベースチェーンを inet nftables_svc テーブルに追加します。

    # nft add chain inet nftables_svc INPUT { type filter hook input priority filter \; policy accept \; }

    シェルがセミコロンをコマンドの最後として解釈しないようにするには、\ 文字を使用してセミコロンをエスケープします。

  3. INPUT チェーンにルールを追加します。たとえば、INPUT チェーンの最後のルールとして、ポート 22 および 443 で着信 TCP トラフィックを許可し、Internet Control Message Protocol (ICMP)ポートに到達できないメッセージで他の着信トラフィックを拒否します。

    # nft add rule inet nftables_svc INPUT tcp dport 22 accept
    # nft add rule inet nftables_svc INPUT tcp dport 443 accept
    # nft add rule inet nftables_svc INPUT reject with icmpx type port-unreachable

    ここで示されたように nft add rule コマンドを実行すると、nft はコマンド実行と同じ順序でルールをチェーンに追加します。

  4. ハンドルを含む現在のルールセットを表示します。

    # nft -a list table inet nftables_svc
    table inet nftables_svc { # handle 13
      chain INPUT { # handle 1
        type filter hook input priority filter; policy accept;
        tcp dport 22 accept # handle 2
        tcp dport 443 accept # handle 3
        reject # handle 4
      }
    }
  5. ハンドル 3 で既存ルールの前にルールを挿入します。たとえば、ポート 636 で TCP トラフィックを許可するルールを挿入するには、以下を入力します。

    # nft insert rule inet nftables_svc INPUT position 3 tcp dport 636 accept
  6. ハンドル 3 で、既存ルールの後ろにルールを追加します。たとえば、ポート 80 で TCP トラフィックを許可するルールを追加するには、以下を入力します。

    # nft add rule inet nftables_svc INPUT position 3 tcp dport 80 accept
  7. ハンドルでルールセットを再表示します。後で追加したルールが指定の位置に追加されていることを確認します。

    # nft -a list table inet nftables_svc
    table inet nftables_svc { # handle 13
      chain INPUT { # handle 1
        type filter hook input priority filter; policy accept;
        tcp dport 22 accept # handle 2
        tcp dport 636 accept # handle 5
        tcp dport 443 accept # handle 3
        tcp dport 80 accept # handle 6
        reject # handle 4
      }
    }
  8. ハンドル 6 でルールを削除します。

    # nft delete rule inet nftables_svc INPUT handle 6

    ルールを削除するには、ハンドルを指定する必要があります。

  9. ルールセットを表示し、削除されたルールがもう存在しないことを確認します。

    # nft -a list table inet nftables_svc
    table inet nftables_svc { # handle 13
      chain INPUT { # handle 1
        type filter hook input priority filter; policy accept;
        tcp dport 22 accept # handle 2
        tcp dport 636 accept # handle 5
        tcp dport 443 accept # handle 3
        reject # handle 4
      }
    }
  10. INPUT チェーンから残りのルールをすべて削除します。

    # nft flush chain inet nftables_svc INPUT
  11. ルールセットを表示し、INPUT チェーンが空であることを確認します。

    # nft list table inet nftables_svc
    table inet nftables_svc {
      chain INPUT {
        type filter hook input priority filter; policy accept
      }
    }
  12. INPUT チェーンを削除します。

    # nft delete chain inet nftables_svc INPUT

    このコマンドを使用して、まだルールが含まれているチェーンを削除することもできます。

  13. ルールセットを表示し、INPUT チェーンが削除されたことを確認します。

    # nft list table inet nftables_svc
    table inet nftables_svc {
    }
  14. nftables_svc テーブルを削除します。

    # nft delete table inet nftables_svc

    このコマンドを使用して、まだルールが含まれているテーブルを削除することもできます。

    注記

    ルールセット全体を削除するには、個別のコマンドですべてのルール、チェーン、およびテーブルを手動で削除するのではなく、nft flush ruleset コマンドを使用します。

関連情報

nft(8) の man ページ

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.