検索

7.13. firewalld を使用した IP セットの設定および制御

download PDF

IP セットは、より柔軟かつ効率的にファイアウォールのルールを管理するために、IP アドレスとネットワークをセットにグループ化する RHEL 機能です。

IP セットは、たとえば次のようなシナリオで役立ちます。

  • 大きな IP アドレスリストを処理する場合
  • これらの大きな IP アドレスリストに動的更新を実装する場合
  • カスタムの IP ベースポリシーを作成して、ネットワークのセキュリティーと制御を強化する場合
警告

Red Hat では、firewall-cmd コマンドを使用して IP セットを作成および管理することを推奨します。

7.13.1. IP セットを使用した許可リストの動的更新の設定

ほぼリアルタイムで更新を行うことで、予測不可能な状況でも IP セット内の特定の IP アドレスまたは IP アドレス範囲を柔軟に許可できます。これらの更新は、セキュリティー脅威の検出やネットワーク動作の変化など、さまざまなイベントによってトリガーされます。通常、このようなソリューションでは自動化を活用して手動処理を減らし、素早く状況に対応することでセキュリティーを向上させます。

前提条件

  • firewalld サービスが実行している。

手順

  1. 分かりやすい名前で IP セットを作成します。

    # firewall-cmd --permanent --new-ipset=allowlist --type=hash:ip

    この allowlist という新しい IP セットには、ファイアウォールで許可する IP アドレスが含まれています。

  2. IP セットに動的更新を追加します。

    # firewall-cmd --permanent --ipset=allowlist --add-entry=198.51.100.10

    この設定により、新しく追加した、ネットワークトラフィックを渡すことがファイアウォールにより許可される IP アドレスで、allowlist の IP セットが更新されます。

  3. 先に作成した IP セットを参照するファイアウォールのルールを作成します。

    # firewall-cmd --permanent --zone=public --add-source=ipset:allowlist

    このルールがない場合、IP セットはネットワークトラフィックに影響を与えません。デフォルトのファイアウォールポリシーが優先されます。

  4. ファイアウォール設定をリロードして、変更を適用します。

    # firewall-cmd --reload

検証

  1. すべての IP セットをリスト表示します。

    # firewall-cmd --get-ipsets
    allowlist
  2. アクティブなルールをリスト表示します。

    # firewall-cmd --list-all
    public (active)
      target: default
      icmp-block-inversion: no
      interfaces: enp0s1
      sources: ipset:allowlist
      services: cockpit dhcpv6-client ssh
      ports:
      protocols:
      ...

    コマンドライン出力の sources セクションでは、どのトラフィックの発信元 (ホスト名、インターフェイス、IP セット、サブネットなど) が、特定のファイアウォールゾーンへのアクセスを許可または拒否されているかについての洞察が得られます。上記の場合、allowlist IP セットに含まれる IP アドレスが、public ゾーンのファイアウォールを通してトラフィックを渡すことが許可されています。

  3. IP セットの内容を調べます。

    # cat /etc/firewalld/ipsets/allowlist.xml
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ipset type="hash:ip">
      <entry>198.51.100.10</entry>
    </ipset>

次のステップ

  • スクリプトまたはセキュリティーユーティリティーを使用して脅威インテリジェンスのフィードを取得し、それに応じて allowlist を自動的に更新します。

関連情報

  • firewall-cmd(1) man ページ
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.