検索

9.4. RHEL 8.8 から RHEL 9.2 へのアップグレードに関する既知の問題

download PDF

以下は、RHEL 8.8 から RHEL 9.2 にアップグレードする際に発生する可能性のある既知の問題です。

  • 現在、ネットワークチーミングは、Network Manager を無効にするかインストールしていない場合にインプレースアップグレードを実行すると動作しません。
  • HTTP プロキシーを使用する場合は、Red Hat Subscription Manager がこのようなプロキシーを使用するように設定するか、--proxy <hostname> オプションで subscription-manager コマンドを実行する必要があります。そうでない場合は、subscription-manager コマンドの実行に失敗します。設定変更の代わりに --proxy オプションを使用する場合は、Leapp がプロキシーを検出できないため、アップグレードプロセスが失敗します。この問題が発生しないようにするには、Red Hat Subscription Management に HTTP プロキシーを設定する の説明に従って rhsm.conf ファイルを手動で編集します。(BZ#1689294)
  • RHEL 8 システムが、Red Hat が提供しているにもかかわらず RHEL 9 で利用できないデバイスドライバーを使用している場合、Leapp はアップグレードを行いません。ただし、RHEL 8 システムが、Leapp/etc/leapp/files/device_driver_deprecation_data.json ファイルにデータを持たないサードパーティーのデバイスドライバーを使用している場合、Leapp はそのようなドライバーを検出せず、アップグレードを続行します。したがって、アップグレード後にシステムが起動しない場合があります。
  • お使いのシステムに (Red Hat が署名していない) サードパーティーパッケージの名前が、Red Hat が提供するパッケージの名前と同じ場合は、インプレースアップグレードに失敗します。この問題を回避するには、アップグレードする前に、以下のいずれかのオプションを選択します。

    1. サードパーティーパッケージの削除
    2. サードパーティーパッケージを、Red Hat が提供するパッケージに置き換えます。
  • RHEL 8 では、VDO マネージャーまたは論理ボリュームマネージャー (LVM) を使用して、Virtual Data Optimizer (VDO) ボリュームを管理できます。RHEL 9 では、LVM を使用した VDO ボリュームの管理のみが可能です。RHEL 9 で VDO 管理のボリュームを引き続き使用するには、アップグレード前にそれらのボリュームを LVM 管理の VDO ボリュームにインポートします。詳細は、LVM への既存 VDO ボリュームのインポート を参照してください。
  • インプレースアップグレードは、ソフトウェア Redundant Array of Independent Disks (RAID) を備えたシステムでは失敗する可能性があります。(BZ#1957192)
  • Leapp ユーティリティーは通常、インプレースアップグレード時に、RHEL 8 と RHEL 9 の間のネットワークインターフェイスコントローラー (NIC) 名を保持します。ただし、ネットワークボンディングを持つシステムなど、一部のシステムでは、RHEL 8 と RHEL 9 の間で NIC 名を更新する必要がある場合があります。これらのシステムで、以下の手順を実行します。

    1. Leapp ユーティリティーが元の RHEL 8 の NIC 名を誤って保持しないように、LEAPP_NO_NETWORK_RENAMING=1 環境変数を設定します。
    2. インプレースアップグレードを実行します。
    3. ネットワークが正常に機能していることを確認します。必要に応じて、ネットワーク設定を手動で更新します。

      (BZ#1919382)

  • BIOS を使用してシステムを起動する場合は、コアイメージのインストールに十分な領域が、ブートディスクの埋め込み領域に含まれていないと、GRUB2 ブートローダーをアップグレードするときにインプレースアップグレードが失敗します。これによりシステムが破損し、RHEL 6 fdisk ユーティリティーなどを使用してディスクが手動でパーティション分割された場合に発生する可能性があります。この問題がユーザーに影響するかどうかを確認するには、以下の手順を実行します。

    1. インストールされたブートローダーを使用してディスク上の最初のパーティションを開始するセクターを決定します。

      # fdisk -l

      コアイメージに十分なスペースを確保する標準のパーティショニングは、セクター 2048 から始まります。

    2. 開始セクターに十分なスペースがあるかどうかを判断します。RHEL 9.0 コアイメージには少なくとも 36 KiB が必要です。たとえば、セクターサイズが標準の 512 バイトの場合、セクター 73 以下から開始すると十分なスペースが得られません。

      注記

      RHEL 9 コアイメージは 36 KiB より大きい場合があり、開始セクターの値を高く指定しなければいけない可能性があります。現在の RHEL 9 コアに必要な領域を常に確認してください。

    3. 埋め込み領域に十分なストレージ領域が含まれていない場合は、インプレースアップグレードを実行する代わりに、RHEL 9 システムの新規インストールを実行します。

      (BZ#2181380)

  • インプレースアップグレード後、システムが以下の条件を満たす場合、SSH キーは自動生成されなくなりました。

    • システムがクラウド上にあります。
    • cloud-init パッケージがインストールされている。
    • ssh_genkeytypes 設定は、/etc/cloud/cloud.cfg ファイルで ~ に設定されます。これはデフォルトです。

      この問題により、元のキーが削除された場合にシステムが SSH を使用して接続できなくなります。この問題を回避するには、ナレッジベースソリューション Unable to SSH to new Virtual Machine after upgrading the template to RHEL 8.7 or 9 を参照してください。(BZ#2210012)

  • マウントされているファイルシステムが多すぎると、アップグレード前のプロセスが失敗し、次のエラーメッセージが表示される可能性があります。

    OperationalError: unable to open database file

    この問題が発生した場合は、以下の手順を実行します。

    1. システムパーティションに関係がなく、アップグレードプロセス中に必要のないファイルシステムをすべてアンマウントします。
    2. /etc/fstab ファイルのアンマウントされたファイルシステムのエントリーをコメントアウトして、アップグレードプロセス中にマウントされないようにします。
    3. アップグレード後に元のファイルシステム設定を復元します。

      (RHEL-3320)

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.