検索

15.4. novajoin を使用するためのオーバークラウドの設定

download PDF
  1. IdM 統合を有効化するには、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/predictable-placement/custom-domain.yaml 環境ファイルのコピーを作成します。

    $ cp /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/predictable-placement/custom-domain.yaml \
      /home/stack/templates/custom-domain.yaml
  2. /home/stack/templates/custom-domain.yaml 環境ファイルを編集して、デプロイメントに適した CloudDomainCloudName* の値を設定します。以下に例を示します。

    parameter_defaults:
      CloudDomain: lab.local
      CloudName: overcloud.lab.local
      CloudNameInternal: overcloud.internalapi.lab.local
      CloudNameStorage: overcloud.storage.lab.local
      CloudNameStorageManagement: overcloud.storagemgmt.lab.local
      CloudNameCtlplane: overcloud.ctlplane.lab.local
  3. オーバークラウドのデプロイプロセスで以下の環境ファイルを追加します。

    • /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ssl/enable-internal-tls.yaml
    • /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ssl/tls-everywhere-endpoints-dns.yaml
    • /home/stack/templates/custom-domain.yaml

      以下に例を示します。

      openstack overcloud deploy \
        --templates \
         -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ssl/enable-internal-tls.yaml \
         -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ssl/tls-everywhere-endpoints-dns.yaml \
         -e /home/stack/templates/custom-domain.yaml \

      その結果、デプロイされるオーバークラウドノードは自動的に IdM で登録されるようになります。

  4. これで設定されるのは、内部エンドポイント向けの TLS のみです。外部エンドポイントには、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ssl/enable-tls.yaml 環境ファイル (カスタムの証明書とキーを追加するように編集する必要あり) で TLS を追加する通常の方法を使用することができます。そのため、openstack deploy コマンドは以下のようになります。

    openstack overcloud deploy \
      --templates \
      -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ssl/enable-internal-tls.yaml \
      -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ssl/tls-everywhere-endpoints-dns.yaml \
      -e /home/stack/templates/custom-domain.yaml \
      -e /home/stack/templates/enable-tls.yaml
  5. また、IdM を使用して公開証明書を発行することもできます。その場合には、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services/haproxy-public-tls-certmonger.yaml 環境ファイルを使用する必要があります。以下に例を示します。

    openstack overcloud deploy \
      --templates \
       -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ssl/enable-internal-tls.yaml \
       -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ssl/tls-everywhere-endpoints-dns.yaml \
       -e /home/stack/templates/custom-domain.yaml \
       -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services/haproxy-public-tls-certmonger.yaml
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.