検索

5.8. 手動による Ansible ベースの登録の実行

download PDF

デプロイしたオーバークラウドで、手動による Ansible ベースの登録を実施することができます。そのためには、director の動的インベントリースクリプトを使用して、ホストグループとしてノードロールを定義します。続いて ansible-playbook を使用して定義したノードロールに対して Playbook を実行します。以下の例で、Playbook を使用してコントローラーノードを手動で登録する方法を説明します。

手順

  1. ノードを登録するための redhat_subscription モジュールを使用して、Playbook を作成します。たとえば、以下の Playbook はコントローラーノードに適用されます。

    ---
    - name: Register Controller nodes
      hosts: Controller
      become: yes
      vars:
        repos:
          - rhel-7-server-rpms
          - rhel-7-server-extras-rpms
          - rhel-7-server-rh-common-rpms
          - rhel-ha-for-rhel-7-server-rpms
          - rhel-7-server-openstack-13-rpms
          - rhel-7-server-rhceph-3-mon-rpms
      tasks:
        - name: Register system
          redhat_subscription:
            username: myusername
            password: p@55w0rd!
            org_id: 1234567
            pool_ids: 1a85f9223e3d5e43013e3d6e8ff506fd
        - name: Disable all repos
          command: "subscription-manager repos --disable *"
        - name: Enable Controller node repos
          command: "subscription-manager repos --enable {{ item }}"
          with_items: "{{ repos }}"
    • このプレイには 3 つのタスクが含まれます。

      • アクティベーションキーを使用してノードを登録する。
      • 自動的に有効化されるリポジトリーをすべて無効にする。
      • コントローラーノードに関連するリポジトリーだけを有効にする。リポジトリーは repos 変数でリストされます。
  2. オーバークラウドのデプロイ後には、以下のコマンドを実行して、Ansible がオーバークラウドに対して Playbook (ansible-osp-registration.yml) を実行することができます。

    $ ansible-playbook -i /usr/bin/tripleo-ansible-inventory ansible-osp-registration.yml

    このコマンドにより、以下の処理が行われます。

    • 動的インベントリースクリプトを実行し、ホストとそのグループの一覧を取得する。
    • Playbook の hosts パラメーターで定義されているグループ (この場合はコントローラーグループ) 内のノードに、その Playbook のタスクを適用する。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.