検索

5.2. NFV SR-IOV デプロイメントのトポロジー

download PDF

以下の図には、2 つの VNF が示されています。各 VNF には、mgt で示された管理インターフェイスおよびデータプレーンインターフェイスがあります。管理インターフェイスは ssh アクセスなどを管理します。データプレーンインターフェイスは VNF を DPDK にボンディングして、高可用性を確保します。VNF は DPDK ライブラリーを使用してデータプレーンインターフェイスをボンディングするためです。この図には、冗長性を確保するための 2 つのプロバイダーネットワークも示されています。コンピュートノードには 2 つの標準 NIC がボンディングされ、VNF 管理と Red Hat OpenStack Platform API 管理の間で共有されています。

NFV SR-IOV deployment

この図は、アプリケーションレベルで DPDK を使用し、SR-IOV Virtual Function (VF) および Physical Function (PF) へのアクセスが可能な VNF を示しています。これにより、ファブリックの設定に応じて可用性またはパフォーマンスが向上します。DPDK はパフォーマンスを向上させる一方、VF/PF DPDK のボンディングはフェイルオーバーおよび高可用性に対応します。VNF ベンダーは、DPDK Poll Mode Driver (PMD) による SR-IOV カード (VF/PF として公開されている) のサポートを確実にする必要があります。また、管理ネットワークは OVS を使用するので、VNF は標準の VirtIO ドライバーを使用する mgmt ネットワークデバイスを認識します。VNF への初回の接続にそのデバイスを使用して、DPDK アプリケーションに 2 つの VF/PF をボンディングさせることができます。

5.2.1. HCI を使用しない NFV SR-IOV のトポロジー

以下の図には、NFV 向けのハイパーコンバージドインフラストラクチャー (HCI) を使用しない SR-IOV のトポロジーを示しています。この環境は、1 Gbps の NIC を搭載したコンピュートノードおよびコントローラーノードと、director ノードで設定されます。

NFV SR-IOV Topology without HCI
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.