検索

第16章 サブシステムログの設定

download PDF
Certificate System サブシステムは、管理、サーバーがサポートするプロトコルを使用した通信、およびサブシステムで使用されるその他のさまざまなプロセスなどのアクティビティーに関連するイベントを記録するログファイルを作成します。サブシステムインスタンスが実行中に、それが管理するすべてのコンポーネントの情報およびエラーメッセージのログを保持します。また、Apache および Tomcat の Web サーバーはエラーを生成し、ログにアクセスします。
各サブシステムインスタンスは、インストール、監査、およびその他のログに記録された機能に対する独自のログファイルを維持します。
ログプラグインモジュールは、Java™ クラスとして実装され、設定フレームワークに登録されるリスナーです。
監査ログを除くすべてのログファイルとローテーションされたログファイルは、pkispawn によるインスタンスの作成時に、pki_subsystem_log_path に指定されているすべてのディレクトリーに配置されます。 通常の監査ログは他のログタイプとともにログディレクトリーに置かれ、署名された監査ログは /var/log/pki/instance_name/subsystem_name/signedAudit に書き込まれます。ログのデフォルトの場所を変更するには、設定を変更してください。

16.1. Certificate System ログについて

Certificate System サブシステムは、サブシステムのタイプ、サービスのタイプ、および個々のログ設定に応じて特定の情報を提供する、いくつかの異なる種類のログを保持します。インスタンスに保持できるログの種類は、そのサブシステムの種類により異なります。

16.1.1. 署名付き監査ログ

Certificate System は、証明書の要求、発行、取り消し、CRL の公開など、すべてのイベントの監査ログを維持します。これらのログは署名されます。これにより、承認されたアクセスやアクティビティーの検出が可能になります。その後、外部監査人は必要に応じてシステムを監査できます。割り当てられた監査ユーザーアカウントは、署名された監査ログを表示できる唯一のアカウントです。このユーザーの証明書は、ログを署名および暗号化するために使用されます。監査ロギングは、ログに記録されるイベントを指定するよう設定されます。
署名付き監査ログは /var/log/pki/instance_name/subsystem_name/signedAudit に書き込まれます。ただし、設定を変更することで、ログのデフォルトの場所を変更できます。
詳細は、「署名監査ログの使用」 を参照してください。

16.1.2. デバッグログ

デフォルトで有効になっているデバッグログは、さまざまな程度と種類の情報とともに、すべてのサブシステムに対して維持されます。
デバッグログには、実行されるプラグインとサーブレット、接続情報、サーバーの要求と応答のメッセージなど、サブシステムによって実行されるすべての操作に関する非常に具体的な情報が含まれています。
デバッグログに記録されるサービスの一般的なタイプについては、「ログに記録されるサービス」 に簡単に説明します。これらのサービスには、承認要求、証明書要求の処理、証明書ステータスの確認、鍵のアーカイブおよび復元、Web サービスへのアクセスが含まれます。
サブシステムのプロセスに関する詳細情報の CA、OCSP、KRA、および TKS のデバッグログ。各ログエントリーの形式は以下のとおりです。
[date:time] [processor]: servlet: message
メッセージ はサブシステムから返されたメッセージになるか、サブシステムに送信された値を含めることができます。
たとえば、TKS は、LDAP サーバーに接続するためにこのメッセージを記録します。
[10/Jun/2020:05:14:51][main]: Established LDAP connection using basic authentication to host localhost port 389 as cn=Directory Manager
processormain で、message は LDAP 接続に関するサーバーからメッセージであり、サーブレットはありません。
一方、CA は、証明書操作およびサブシステム接続に関する情報を記録します。
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.requestowner$ value=KRA-server.example.com-8443
この場合、プロセッサー は CA のエージェントポート上の HTTP プロトコルですが、プロファイルを処理するサーブレットを指定し、profile パラメーター (リクエストのサブシステム所有者) とその値 (KRA が要求を開始した) を示す メッセージ が含まれます。

例16.1 CA 証明書要求ログメッセージ

[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.profileapprovedby$ value=admin
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.cert_request$ value=MIIBozCCAZ8wggEFAgQqTfoHMIHHgAECpQ4wDDEKMAgGA1UEAxMBeKaBnzANBgkqhkiG9w0BAQEFAAOB...
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.profile$ value=true
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.cert_request_type$ value=crmf
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.requestversion$ value=1.0.0
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.req_locale$ value=en
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.requestowner$ value=KRA-server.example.com-8443
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.dbstatus$ value=NOT_UPDATED
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.subject$ value=uid=jsmith, e=jsmith@example.com
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.requeststatus$ value=begin
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.auth_token.user$ value=uid=KRA-server.example.com-8443,ou=People,dc=example,dc=com
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.req_key$ value=MIGfMA0GCSqGSIb3DQEBAQUAA4GNADCBiQKBgQDreuEsBWq9WuZ2MaBwtNYxvkLP^M
HcN0cusY7gxLzB+XwQ/VsWEoObGldg6WwJPOcBdvLiKKfC605wFdynbEgKs0fChV^M
k9HYDhmJ8hX6+PaquiHJSVNhsv5tOshZkCfMBbyxwrKd8yZ5G5I+2gE9PUznxJaM^M
HTmlOqm4HwFxzy0RRQIDAQAB
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.auth_token.authmgrinstname$ value=raCertAuth
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.auth_token.uid$ value=KRA-server.example.com-8443
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.auth_token.userid$ value=KRA-server.example.com-8443
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.requestor_name$ value=
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.profileid$ value=caUserCert
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.auth_token.userdn$ value=uid=KRA-server.example.com-4747,ou=People,dc=example,dc=com
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.requestid$ value=20
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.auth_token.authtime$ value=1212782378071
[06/Jun/2020:14:59:38][http-8443;-Processor24]: ProfileSubmitServlet: key=$request.req_x509info$ value=MIICIKADAgECAgEAMA0GCSqGSIb3DQEBBQUAMEAxHjAcBgNVBAoTFVJlZGJ1ZGNv^M
bXB1dGVyIERvbWFpbjEeMBwGA1UEAxMVQ2VydGlmaWNhdGUgQXV0aG9yaXR5MB4X^M
DTA4MDYwNjE5NTkzOFoXDTA4MTIwMzE5NTkzOFowOzEhMB8GCSqGSIb3DQEJARYS^M
anNtaXRoQGV4YW1wbGUuY29tMRYwFAYKCZImiZPyLGQBARMGanNtaXRoMIGfMA0G^M
CSqGSIb3DQEBAQUAA4GNADCBiQKBgQDreuEsBWq9WuZ2MaBwtNYxvkLPHcN0cusY^M
7gxLzB+XwQ/VsWEoObGldg6WwJPOcBdvLiKKfC605wFdynbEgKs0fChVk9HYDhmJ^M
8hX6+PaquiHJSVNhsv5tOshZkCfMBbyxwrKd8yZ5G5I+2gE9PUznxJaMHTmlOqm4^M
HwFxzy0RRQIDAQABo4HFMIHCMB8GA1UdIwQYMBaAFG8gWeOJIMt+aO8VuQTMzPBU^M
78k8MEoGCCsGAQUFBwEBBD4wPDA6BggrBgEFBQcwAYYuaHR0cDovL3Rlc3Q0LnJl^M
ZGJ1ZGNvbXB1dGVyLmxvY2FsOjkwODAvY2Evb2NzcDAOBgNVHQ8BAf8EBAMCBeAw^M
HQYDVR0lBBYwFAYIKwYBBQUHAwIGCCsGAQUFBwMEMCQGA1UdEQQdMBuBGSRyZXF1^M
ZXN0LnJlcXVlc3Rvcl9lbWFpbCQ=
同様に、OCSP には OCSP 要求情報が表示されます。
[07/Jul/2020:06:25:40][http-11180-Processor25]: OCSPServlet: OCSP Request:
[07/Jul/2020:06:25:40][http-11180-Processor25]: OCSPServlet:
MEUwQwIBADA+MDwwOjAJBgUrDgMCGgUABBSEWjCarLE6/BiSiENSsV9kHjqB3QQU

16.1.2.1. インストールログ

すべてのサブシステムはインストールログを保持します。
サブシステムが初期インストールで作成される場合や pkispawn によって追加のインスタンスを作成するたびに、インストールからの完全なデバッグ出力を含むインストールファイル (エラーを含む) と、インストールに成功すると、インスタンスの設定インターフェイスへの URL および PIN が作成されます。このファイルは、/var/log/pki/ ディレクトリーに、名前が pki-subsystem_name-spawn.timestamp.log の形式で指定します。
インストールログの各行は、インストールプロセスのステップに従います。

例16.2 CA インストールログ

...
2015-07-22 20:43:13 pkispawn    : INFO     ... finalizing 'pki.server.deployment.scriptlets.finalization'
2015-07-22 20:43:13 pkispawn    : INFO     ....... cp -p /etc/sysconfig/pki/tomcat/pki-tomcat/ca/deployment.cfg /var/log/pki/pki-tomcat/ca/archive/spawn_deployment.cfg.20150722204136
2015-07-22 20:43:13 pkispawn    : DEBUG    ........... chmod 660 /var/log/pki/pki-tomcat/ca/archive/spawn_deployment.cfg.20150722204136
2015-07-22 20:43:13 pkispawn    : DEBUG    ........... chown 26445:26445 /var/log/pki/pki-tomcat/ca/archive/spawn_deployment.cfg.20150722204136
2015-07-22 20:43:13 pkispawn    : INFO     ....... generating manifest file called '/etc/sysconfig/pki/tomcat/pki-tomcat/ca/manifest'
2015-07-22 20:43:13 pkispawn    : INFO     ....... cp -p /etc/sysconfig/pki/tomcat/pki-tomcat/ca/manifest /var/log/pki/pki-tomcat/ca/archive/spawn_manifest.20150722204136
2015-07-22 20:43:13 pkispawn    : DEBUG    ........... chmod 660 /var/log/pki/pki-tomcat/ca/archive/spawn_manifest.20150722204136
2015-07-22 20:43:13 pkispawn    : DEBUG    ........... chown 26445:26445 /var/log/pki/pki-tomcat/ca/archive/spawn_manifest.20150722204136
2015-07-22 20:43:13 pkispawn    : INFO     ....... executing 'systemctl enable pki-tomcatd.target'
2015-07-22 20:43:13 pkispawn    : INFO     ....... executing 'systemctl daemon-reload'
2015-07-22 20:43:13 pkispawn    : INFO     ....... executing 'systemctl restart pki-tomcatd@pki-tomcat.service'
2015-07-22 20:43:14 pkispawn    : INFO     END spawning subsystem 'CA' of instance 'pki-tomcat'
2015-07-22 20:43:14 pkispawn    : DEBUG

16.1.2.2. Tomcat のエラーとアクセスログ

CA、KRA、OCSP、TKS、および TPS サブシステムは、それらのエージェントおよびエンドエンティティーのインターフェイスに Tomcat Web サーバーインスタンスを使用します。
エラーログとアクセスログは、Certificate System とともにインストールされ、HTTP サービスを提供する Tomcat Web サーバーによって作成されます。エラーログには、サーバーが検出した HTTP エラーメッセージが含まれます。アクセスログは、HTTP インターフェイスを介したアクセスアクティビティーを一覧表示します。
Tomcat によって作成されたログ:
  • admin.timestamp
  • catalina.timestamp
  • catalina.out
  • host-manager.timestamp
  • localhost.timestamp
  • localhost_access_log.timestamp
  • manager.timestamp
これらのログは、Certificate System 内では利用できません。それらは Apache または Tomcat 内でのみ設定可能です。これらのログの設定に関する詳細は、Apache ドキュメントを参照してください。

16.1.2.3. セルフテストログ

セルフテストのログは、サーバーの起動時またはセルフテストを手動で実行するときに取得した情報を記録します。このログを開くとテストを表示できます。このログはコンソールで設定できません。CS.cfg ファイルの設定を変更することでのみ設定できます。CS.cfg ファイルを編集してログを設定する方法は、『Red Hat Certificate System 計画、インストール、およびデプロイメントのガイド』 の 公開キューの有効化 セクションを参照してください。
このセクションのログに関する情報は、このログには関係しません。セルフテストについての詳細は、「セルフテストの実行」を参照してください。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.