検索

6.3. トークンポリシー

download PDF
本セクションでは、TPS UI を使用して、トークンごとに適用可能なトークンポリシーの一覧を提供します。各セクションでは、各ポリシーが設定にどのように反映されるかを示します。
注記
一般情報は、Red Hat Certificate System 計画、インストール、およびデプロイメントガイドの『トークンポリシー』セクションを参照してください。
ポリシーは、セミコロン (";"") で区切られたポリシーの集合体です。各ポリシーは、キーワード YES または NO を使用してオンまたはオフにすることができます。以下のリストの各ポリシーは、デフォルト値 (設定がポリシー文字列にまったく存在しなかった場合に TPS によって実行されるアクション) で導入されます。
RE_ENROLL=YES
このポリシーは、トークンが再登録操作を許可するかどうかを制御します。これにより、すでに登録されたトークン (証明書を含む) を再登録し、新しいトークンを登録できるようになります。これを NO に設定すると、再登録を試行するとサーバーはエラーを返します。
このポリシーでは、特別な設定は必要ありません。登録は、標準の登録プロファイルで続行されます。このプロファイルは、最初にトークンを登録する可能性があります。
RENEW=NO;RENEW_KEEP_OLD_ENC_CERTS=YES
更新により、トークンは、プロファイルで生成された証明書をトークンの所定の場所で更新することができます。RENEWYES に設定すると、Enterprise Security Client (ESC) からの簡単な登録により、上記のように再登録せずに更新が行われます。
RENEW_KEEP_OLD_ENC_CERTS 設定は、更新操作が以前のバージョンの暗号化証明書を保持するかどうかを決定します。以前の証明書を保持すると、ユーザーは古い証明書で暗号化されたデータにアクセスできます。このオプションを NO に設定すると、古い証明書で暗号化されたものはすべて復元できなくなります。
設定:
op.enroll.userKey.renewal.encryption.ca.conn=ca1
op.enroll.userKey.renewal.encryption.ca.profileId=caTokenUserEncryptionKeyRenewal
op.enroll.userKey.renewal.encryption.certAttrId=c2
op.enroll.userKey.renewal.encryption.certId=C2
op.enroll.userKey.renewal.encryption.enable=true
op.enroll.userKey.renewal.encryption.gracePeriod.after=30
op.enroll.userKey.renewal.encryption.gracePeriod.before=30
op.enroll.userKey.renewal.encryption.gracePeriod.enable=false
op.enroll.userKey.renewal.keyType.num=2
op.enroll.userKey.renewal.keyType.value.0=signing
op.enroll.userKey.renewal.keyType.value.1=encryption
op.enroll.userKey.renewal.signing.ca.conn=ca1
op.enroll.userKey.renewal.signing.ca.profileId=caTokenUserSigningKeyRenewal
op.enroll.userKey.renewal.signing.certAttrId=c1
op.enroll.userKey.renewal.signing.certId=C1
op.enroll.userKey.renewal.signing.enable=true
op.enroll.userKey.renewal.signing.gracePeriod.after=30
op.enroll.userKey.renewal.signing.gracePeriod.before=30
op.enroll.userKey.renewal.signing.gracePeriod.enable=false
このタイプの更新設定は、更新固有の追加設定をいくつか追加し、基本的な userKey 標準登録プロファイルをミラーリングします。このパリティーが必要なのは、更新が開始される前に、トークンに最初に登録された証明書の数とタイプを正確に更新するためです。
FORCE_FORMAT=NO
このポリシーにより、登録操作ごとにフォーマット操作が要求されます (有効な場合)。これは、ユーザーが管理者に返すことなくトークンをリセットできるようにする最終手順です。これを YES に設定すると、ユーザーが開始された登録操作がすべて形式になり、トークンがフォーマットされた状態に対して強制的にリセットされます。
追加の設定は必要ありません。単純な形式は、標準のフォーマット操作の実行に使用されるものと同じ TPS プロファイルで実行されます。
PIN_RESET=NO
このポリシーは、すでに登録されているトークンが ESC を使用して明示的なピンリセット変更を実行できるかどうかを決定します。この値は、YES に設定しなければならないか、サーバーがエラーにより発生した操作は拒否されます。
設定:
op.enroll.userKey.pinReset.enable=true
op.enroll.userKey.pinReset.pin.maxLen=10
op.enroll.userKey.pinReset.pin.maxRetries=127
op.enroll.userKey.pinReset.pin.minLen=4
上記の例では、minLen および maxLen の設定が、選択したパスワードの長さに制約を課し、maxRetries 設定は、ロックアップする前に指定された回数の再試行のみを許可するようにトークンを設定します。
TPS ポリシーは、最新の TPS ユーザーインターフェイスを使用して簡単に編集できます。ポリシーの変更を必要とするトークンに移動し、Edit をクリックします。これにより、フィールドを編集できるダイアログが表示されます。これは、セミコロンで区切られたポリシーのコレクションです。サポートされている各ポリシーは、TPS によって認識されるように <POLICYNAME>=YES または <POLICYNAME>=NO に設定する必要があります。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.