検索

第13章 コンテナーイメージの管理

download PDF

Red Hat Satellite 6 では、さまざまなソースからコンテナーイメージをインポートして、コンテンツビューを使用して外部コンテナーに分散できます。

コンテナーに関する情報は、『Red Hat Enterprise Linux Atomic Host 7』の 「Getting Started with Containers」を参照してください。

13.1. コンテナーイメージのインポート

Red Hat レジストリーまたは他のイメージレジストリーからコンテナーイメージリポジトリーをインポートできます。

以下の手順では、リポジトリー検出を使用して、コンテナーイメージを検索し、リポジトリーとしてインポートします。手動での製品とリポジトリーの作成方法は、6章カスタムコンテンツのインポート を参照してください。

手順

コンテナーイメージリポジトリーをインポートして、製品を作成するか、製品と関連付けるには、以下の手順を実行します。

  1. Satellite Web UI で コンテンツ > 製品 に移動して、リポジトリーの作成 をクリックします。
  2. リポジトリータイプ リストから コンテナーイメージ を選択します。
  3. 検出するレジストリー フィールドには、イメージのインポート元となるレジストリーの URL を入力します。
  4. レジストリーのユーザー名 フィールドには、コンテナーのイメージレジストリーのユーザ名に対応する名前を入力します。
  5. レジストリーのパスワード フィールドには、入力したユーザ名に対応するパスワードを入力します。
  6. レジストリー検索パラメーター フィールドには、検索の絞り込みに使用する検索条件を入力して、検出 をクリックします。
  7. オプション: 検出されたリポジトリー リストをさらに絞り込むには、フィルター フィールドに、使用する追加の検索条件を入力します。
  8. 検出されたリポジトリー リストからインポートするリポジトリーを選択して、選択項目の作成 クリックします。
  9. オプション: 製品 リストから製品を作成するには、新しい製品 を選択します。
  10. 名前 フィールドに製品名を入力します。
  11. オプション: リポジトリー名リポジトリーラベル のコラムで、リポジトリー名とラベルを編集できます。
  12. リポジトリー作成の実行 をクリックします。
  13. リポジトリーの作成が完了したら、各新規リポジトリーをクリックして詳細情報を確認できます。
  14. オプション: リポジトリーにインポートするコンテンツをフィルタリングするには、リポジトリーをクリックして、同期タグの制限 に移動します。これをクリックし、Satellite への同期コンテンツを制限するタグを編集または追加します。
  15. コンテンツ > 製品 に移動し、製品名を選択します。
  16. 新規リポジトリーを選択し、同期開始 をクリックして同期プロセスを開始します。

同期の進捗状況を表示するには、コンテンツ > 同期の状態 に移動して、リポジトリーツリーを展開します。

同期が完了したら、コンテナーイメージのマニフェスト をクリックして利用可能なマニフェストを一覧表示します。また、必要のなくなったマニフェストは、このリストから削除できます。

CLI をご利用の場合

  1. カスタムの Red Hat Container Catalog 製品を作成します。

    # hammer product create \
    --name "Red Hat Container Catalog" \
    --sync-plan "Example Plan" \
    --description "Red Hat Container Catalog content" \
    --organization "My_Organization"
  2. コンテナーイメージ用のリポジトリーを作成します。

    # hammer repository create \
    --name "RHEL7" \
    --content-type "docker" \
    --url "http://registry.access.redhat.com/" \
    --docker-upstream-name "rhel7" \
    --product "Red Hat Container Catalog" \
    --organization "My_Organization"
  3. リポジトリーを同期します。

    # hammer repository synchronize \
    --name "RHEL7" \
    --product "Red Hat Container Catalog" \
    --organization "My_Organization"
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.