検索

5.3. ボンディングインターフェイスの追加

download PDF

以下の手順を使用して、ホストのボンディングインターフェイスを設定します。Satellite Web UI の代わりに CLI を使用する場合は、CLI 手順 を参照してください。

手順

  1. Satellite Web UI で、ホスト > すべてのホスト に移動します。
  2. 編集するホストの横の 編集 をクリックします。
  3. インターフェイス タブで、インターフェイスの追加 をクリックします。
  4. タイプ リストから ボンディング を選択します。タイプ固有の設定オプションがフォームに追加されます。
  5. 一般的なインターフェイス設定を指定します。適用できる設定オプションは、物理インターフェイスのオプションと同じです (「物理インターフェイスの追加」 を参照)。

    ボンディングインターフェイスは、デバイス ID フィールドにある bond0 形式の ID を使用します。

    MAC アドレス 1 つで十分です。

  6. ボンディングインターフェイスに固有の設定オプションを指定します。

    • モード: フォールトトレランスおよび負荷分散のポリシーを定義するボンドモードを選択します。各ボンドモードの簡単な説明は、「Satellite で利用可能なボンディングモード」 を参照してください。
    • 割り当て済みデバイス: 割り当てられたデバイスの ID のコンマ区切りのリストを指定します。物理インターフェイスまたは VLAN を指定できます。
    • ボンドオプション: 設定オプションのコンマ区切りのリストを指定します (例: miimon=100)。ボンドインターフェイスに指定可能な設定オプションの詳細は、Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド を参照してください。
  7. OK をクリックして、インターフェイス設定を保存します。
  8. 送信 をクリックして、ホストへの変更を適用します。

CLI 手順

  • ボンディングインターフェイスでホストを作成するには、以下のコマンドを入力します。

    # hammer host create --name bonded_interface \
    --hostgroup-id 1 \
    --ip=192.168.100.123 \
    --mac=52:54:00:14:92:2a \
    --subnet-id=1 \
    --managed true \
       --interface="identifier=eth1, \
                   mac=52:54:00:62:43:06, \
                   managed=true, \
                   type=Nic::Managed, \
                   domain_id=1, \
                   subnet_id=1" \
       --interface="identifier=eth2, \
                   mac=52:54:00:d3:87:8f, \
                   managed=true, \
                   type=Nic::Managed, \
                   domain_id=1, \
                   subnet_id=1" \
       --interface="identifier=bond0, \
                   ip=172.25.18.123, \
                   type=Nic::Bond, \
                   mode=active-backup, \
                   attached_devices=[eth1,eth2], \
                   managed=true, \
                   domain_id=1, \
                   subnet_id=1" \
    --organization "My_Organization" \
    --location "My_Location" \
    --ask-root-password yes
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.