検索

第2章 ホストの管理

download PDF

本章では、ホストの作成、登録、管理、および削除について説明します。

2.1. Red Hat Satellite でのホストの作成

以下の手順を使用して Red Hat Satellite でホストを作成します。Satellite Web UI の代わりに CLI を使用する場合は、CLI 手順 を参照してください。

手順

  1. Satellite Web UI で、ホスト > ホストの作成 の順にクリックします。
  2. ホスト タブで、必要な詳細を入力します。
  3. Ansible ロール タブをクリックして、Ansible ロール リストから、ホストに追加するロールを 1 つまたは複数選択します。矢印 アイコンを使用して、追加または削除するロールを管理します。
  4. Puppet クラス タブで、追加する Puppet クラスを選択します。
  5. インターフェイス タブで、以下を行います。

    1. 各インターフェイスに対して、アクション コラムで 編集 をクリックし、必要に応じて以下を設定します。

      • タイプ: ボンドまたは BMC インターフェイスに対して、タイプ リストで、インターフェイスタイプを選択します。
      • MAC アドレス: MAC アドレスを入力します。
      • DNS 名: DNS サーバーに認識させる DNS 名を入力します。これは、完全修飾ドメイン名 (FQDN) のホスト部分に使用されます。
      • ドメイン: プロビジョニングネットワークのドメイン名を選択します。これにより、サブネット リストが自動的に更新され、適切なサブネットの選択肢が表示されます。
      • IPv4 サブネット: リストから、ホストの IPv4 サブネットを選択します。
      • IPv6 サブネット: リストから、ホストの IPv6 サブネットを選択します。
      • IPv4 アドレス: サブネットに対して IP アドレス管理 (IPAM) が有効な場合は、IP アドレスが自動的に提案されます。または、アドレスを入力することもできます。トークンのプロビジョニングが有効な場合、ドメインが DNS を管理しない場合、サブネットが逆引き DNS を管理しない場合、またはサブネットが DHCP 予約を管理しない場合は、このアドレスを省略できます。
      • IPv6 アドレス: サブネットに対して IP アドレス管理 (IPAM) を有効にした場合は、IP アドレスが自動的に提案されます。または、アドレスを入力することもできます。
      • 管理: このチェックボックスを選択すると、Capsule が提供する DHCP サービスおよび DNS サービスを使用してプロビジョニングを行う際にインターフェイスを設定します。
      • プライマリー: このチェックボックスを選択すると、このインターフェイスの DNS 名を、FQDN のホスト部分に使用します。
      • プロビジョニング: このチェックボックスを選択すると、プロビジョニングにこのインターフェイスを使用します。つまり、このインターフェイスを使用して TFTP ブートが行われ、そしてイメージをベースにしたプロビジョニングでは、プロビジョニングを実行するスクリプトにこのインターフェイスが使用されます。anaconda による RPM のダウンロードや、%post スクリプトの Puppet 設定などの多くのプロビジョニングタスクは、プライマリーインターフェイスを使用する点にご留意ください。
      • 仮想 NIC: このインターフェイスが物理デバイスではない場合は、このチェックボックスを選択します。この設定にはオプションが 2 つあります。

        • タグ: 任意で VLAN タグを設定します。設定していない場合はサブネットの VLAN ID となります。
        • 割り当て先: この仮想インターフェイスが割り当てられるインターフェイスのデバイス名を入力します。
    2. OK をクリックして、インターフェイス設定を保存します。
    3. オプションとして、インターフェイスの追加 をクリックし、追加ネットワークインターフェイスを組み込みます。詳細は、5章ネットワークインターフェイスの追加 を参照してください。
    4. 送信 をクリックし、変更を適用して終了します。
  6. オペレーティングシステム タブで、必要な情報を入力します。Red Hat オペレーティングシステムの場合は、メディアの選択同期したコンテンツ を選択します。Red Hat 以外のオペレーティングシステムを使用する場合には、すべてのメディア を選択してから、メディアの選択 リストからインストールメディアを選択します。このリストからパーティションテーブルを選択するか、カスタムパーティションテーブル フィールドでカスタムのパーティションテーブルを入力します。両方は指定できません。
  7. パラメーター タブで パラメーターの追加 をクリックして、ランタイム時にジョブテンプレートにわたすパラメーター変数を追加します。これには、ホストに関連付ける 全 Puppet クラス、Ansible Playbook パラメーター、ホストパラメーターが含まれます。Ansible のジョブテンプレートでパラメーター変数を使用するには、ホストパラメーター を追加する必要があります。

    Red Hat Enterprise Linux 8 ホストの作成時には、システム目的属性を設定できます。システム目的属性は、ホストの作成時に、どのサブスクリプションを自動的にアタッチするかを定義します。ホストパラメーター エリアで、適切な値を指定し、以下のパラメーターを入力します。値の一覧は、標準の RHEL 8 インストールの実行システムの目的の概要 を参照してください。

    • syspurpose_role
    • syspurpose_sla
    • syspurpose_usage
    • syspurpose_addons
  8. 追加情報 タブに、ホストに関する追加情報を入力します。
  9. 送信 をクリックして、プロビジョニングリクエストを完了します。

CLI 手順

  • ホストをホストグループに関連付けて作成するには、次のコマンドを入力します。

    # hammer host create \
    --name "My_Host_Name" \
    --hostgroup "My_Host_Group" \
    --interface="primary=true, \
                provision=true, \
                mac=mac_address, \
                ip=ip_address" \
    --organization "My_Organization" \
    --location "My_Location" \
    --ask-root-password yes

    上記のコマンドを実行すると、root パスワードを指定するように求められます。ホストの IP および MAC アドレスを指定する必要があります。プライマリーのネットワークインターフェイスの他のプロパティーはホストグループから継承するか、--subnet および --domain パラメーターを使用して設定することができます。--interface オプションを使用して追加のインターフェイスを設定できます。このオプションはキーと値のペアのリストを受け取ります。利用可能なインターフェイス設定のリストについては hammer host create --help コマンドを入力します。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.