検索

第5章 ネットワークインターフェイスの追加

download PDF

Satellite は、1 台のホストに対して複数のネットワークインターフェイスを指定することをサポートします。「Red Hat Satellite でのホストの作成」 で説明されているように新規ホストを作成する場合や、既存ホストを編集する場合に、これらのインターフェイスを設定することができます。

ホストに割り当てることのできるネットワークインターフェイスにはいくつかのタイプがあります。新規インターフェイスを追加する場合は、以下のいずれかを選択してください。

  • インターフェイス: 物理インターフェイスまたは仮想インターフェイスを追加で指定できます。作成できる仮想インターフェイスのタイプは 2 つあります。ホストが 1 つのインターフェイスを使用して複数の (仮想) ネットワークと通信する必要がある場合は VLAN を使用します。これらのネットワークは互いにアクセスできません。既存のインターフェイスに別の IP アドレスを追加するには、エイリアス を使用します。

    物理インターフェイスの追加に関する情報は、「物理インターフェイスの追加」 を参照してください。

    仮想インターフェイスの追加に関する情報は、「仮想インターフェイスの追加」 を参照してください。

  • ボンド: ボンディングインターフェイスを作成します。NIC ボンディングは、複数のネットワークインターフェイスを 1 つのインターフェイスにバインディングして 1 つのデバイスと表示し、MAC アドレスを 1 つ持つ方法です。これにより、複数のネットワークインターフェイスが 1 つのネットワークインターフェイスとして機能し、帯域幅の拡大と冗長性を提供します。詳細は、「ボンディングインターフェイスの追加」 を参照してください。
  • BMC: ベースボード管理コントローラー (BMC) により、マシンの物理的な状態をリモートで監視および管理できます。BMC の詳細は、オンラインネットワーク環境での Satellite Server のインストール管理対象ホストでの電源管理の有効化 を参照してください。BMC インターフェイスの設定に関する詳細は、「ベースボード管理コントローラー (BMC) インターフェイスの追加」 を参照してください。
注記

追加のインターフェイスには、デフォルトで マネージド フラグが有効になっています。これは、新規インターフェイスが、選択したサブネットに関連付けられた DNS および DHCP Capsule Server によるプロビジョニング時に自動的に設定されることを意味します。これには、DNS および DHCP Capsule Server が適切に設定されたサブネットが必要です。ホストのプロビジョニングにキックスタートメソッドを使用する場合には、マネージドインターフェイスの設定ファイルはインストール後のフェーズで、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-interface_id に自動的に作成されます。

注記

現在、仮想およびボンディングインターフェイスには物理デバイスの MAC アドレスが必要です。そのため、これらのインターフェイスの設定はベアメタルホストでのみ機能します。

5.1. 物理インターフェイスの追加

この手順を使用して、別の物理インターフェイスをホストに追加します。

手順

  1. Satellite Web UI で、ホスト > すべてのホスト に移動します。
  2. 編集するホストの横の 編集 をクリックします。
  3. インターフェイス タブで、インターフェイスの追加 をクリックします。
  4. タイプ リストで、インターフェイス オプションが選択されている状態にします。
  5. MAC アドレス を指定します。この設定は必須です。
  6. eth0 などの デバイス ID を指定します。ボンディングインターフェイス、VLAN、エイリアスの作成時に、この ID を使用してこの物理インターフェイスを指定します。
  7. ホストの IP アドレスに関連付けられた DNS 名 を指定します。Satellite は、選択したドメイン (DNS A フィールド) に関連付けられた Capsule Server、および選択したサブネット (DNS PTR フィールド) に関連付けられた Capsule Server にこの名前を保存します。そのため、1 台のホストに複数の DNS エントリーを持たせることができます。
  8. ドメイン リストからドメインを選択します。ドメインを作成して管理するには、インフラストラクチャー > ドメイン に移動します。
  9. サブネット リストからサブネットを選択します。サブネットを作成して管理するには、インフラストラクチャー > サブネット に移動します。
  10. IP アドレス を指定します。DHCP Capsule Server が割り当てられたマネージドインターフェイスでは、DHCP リースを作成するためにこの設定が必要です。DHCP が有効になっているマネージドインターフェイスでは、IP アドレスが自動補完されます。
  11. インターフェイスが マネージド かどうかを選択します。インターフェイスがマネージドの場合は、プロビジョニング時に関連付けられた Capsule Server から設定がプルされ、DNS エントリーおよび DHCP エントリーが作成されます。キックスタートのプロビジョニングを使用している場合には、設定ファイルはインターフェイス用に自動的に作成されます。
  12. ホストの プライマリー インターフェイスかどうかを選択します。プライマリーインターフェイスからの DNS 名を、FQDN のホストの部分として使用します。
  13. ホストの プロビジョニング インターフェイスかどうかを選択します。TFTP ブートは、プロビジョニングインターフェイスを使用します。イメージベースのプロビジョニングの場合は、プロビジョニングを完了するスクリプトは、プロビジョニングインターフェイスを使用してプロビジョニングを完了します。
  14. リモート実行 のインターフェイスを使用するかどうかを選択します。
  15. 仮想 NIC チェックボックスのチェックを解除したままにします。
  16. OK をクリックして、インターフェイス設定を保存します。
  17. 送信 をクリックして、ホストへの変更を適用します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.