検索

第7章 ホストの Red Hat Enterprise Linux への変換

download PDF

Red Hat Enterprise Linux の派生ディストリビューションは、インストールされたアプリケーションや設定を保持しながら、ホスト上でサポート可能な Red Hat Enterprise Linux に変換できます。Satellite には Convert2RHEL ユーティリティーがあり、変換プロセスを簡素化します。

Satellite の Convert2RHEL ユーティリティーは、Ansible ロールと Ansible Playbook で設定されます。Ansible ロールを使用して Satellite Server で変換データを生成し、これには、必要なリポジトリーの有効化、製品、アクティベーションキー、およびホストグループの作成が含まれます。次に、Ansible Playbook を使用してホストで実際に変換を行い、Convert2RHEL CLI ツールをホストにインストールして実行します。

Ansible ロールを使用して、以下の変換の変換データを生成できます。

  • CentOS Linux 7 から Red Hat Enterprise Linux 7
  • Oracle Linux 7 から Red Hat Enterprise Linux 7
  • CentOS Linux 8 から Red Hat Enterprise Linux 8
  • Oracle Linux 8 から Red Hat Enterprise Linux 8

これらの変換は、Red Hat によってサポートされています。

この変換プロセスは、システム上のすべての RPM パッケージが置き換えられる Red Hat Enterprise Linux のマイナーリリースアップグレードと似ています。サードパーティーパッケージと、Red Hat Enterprise Linux で利用できない Red Hat 以外のパッケージは保持されます。

Convert2RHEL ユーティリティーは、変換中に問題を引き起こすことがわかっているロゴやパッケージなどの不要なパッケージを削除します。このユーティリティーは、CentOS-release または Oracle-release パッケージを rhel-release パッケージに、CentOS または Oracle が署名したすべてのパッケージを Red Hat と同等のパッケージに置き換えます。また、このユーティリティーは、ホストを Red Hat サブスクリプション管理にサブスクライブします。

変換プロセスの期間は、置き換えが必要なパッケージ数、ネットワークの速度、ストレージの速度、および同様の要因によって異なります。

前提条件

  • RPM ベースの Linux ディストリビューションから RHEL への変換 で、サポート対象の変換パス を確認済みである。
  • RPM ベースの Linux ディストリビューションから RHEL への変換RHEL 変換の準備 の手順 1.~ 5. を完了している必要があります。
  • サブスクリプションマニフェストを Satellite にアップロードし、対象とする変換に十分な Red Hat Enterprise Linux エンタイトルメントが割り当てられていることを確認します。または、Ansible 変数を使用して、ディスクからマニフェストをインポートするようにロールに指示することもできます。マニフェストは、変換用にホストの登録先の組織にインポートする必要があります。

    割り当てを更新して、Red Hat カスタマーポータル から更新されたマニフェストをダウンロードできます。詳細は、Red Hat Subscription Managementマニフェストの使用 を参照してください。

  • ホストを変換する Red Hat Enterprise Linux のマイナーバージョン用に、Satellite で Red Hat リポジトリーを有効にしてください。

変換手順の概要

  1. redhat.satellite.convert2rhel Ansible ロールおよび変数をインポートします。詳細は、Red Hat Satellite での Ansible 統合を使用した設定の管理Ansible ロールと変数のインポート を参照してください。
  2. 変換データを生成するための Ansible 変数を設定します。詳細は、「変換用の Ansible 変数」 を参照してください。
  3. redhat.satellite.convert2rhel ロールを Satellite Server を表すホストに割り当てます。詳細は、Red Hat Satellite での Ansible Integration を使用した設定の管理既存のホストへの Ansible ロールの割り当て を参照してください。
  4. Satellite Server で Ansible ロールを実行します。詳細は、Red Hat Satellite での Ansible 統合を使用した設定の管理Ansible ロールと変数の実行 を参照してください。

    Ansible ロールは、ホスト変換に必要なデータ、つまりリポジトリー、証明書、アクティベーションキー、およびホストグループを生成します。以前の手順で設定した変数に合わせて、このロールは、リリースが 7Server で、アーキテクチャーが x86_64rhel-7-server-rpms リポジトリーか、rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms および rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms、または両方を有効にします。

  5. 生成されたホストグループを使用して、変換用にホストを登録します。

    グローバル登録テンプレートを使用して、変換前にホストを登録してサブスクライブします。ホストを CentOS 8 に変換する場合は、CentOS 8 変換 などの変換用に生成されたホストグループを選択します。詳細は、「グローバル登録を使用したホストの登録」 を参照してください。

  6. ホストで Convert2RHEL Playbook を実行します。次の設定でリモートジョブを実行します。

    • Job category: Convert 2 RHEL
    • ジョブテンプレート: Convert to RHEL
    • アクティベーションキー: convert2rhel_rhel7 または convert2rhel_rhel8

    詳細は、「リモートジョブの実行」 を参照してください。

7.1. 変換用の Ansible 変数

Ansible ロールを実行して変換データを生成する前に、以下の必要な Ansible 変数の値を設定します。

Satellite は、必要なほとんどの Ansible 変数を redhat.satellite.convert2rhel ロールからインポートします。ただし、一部の変数はインポートされません。以下の表では、これらの変数にはアスタリスク * が付いています。これらの追加変数を手動で作成し、redhat.satellite.convert2rhel ロールに割り当てる必要があります。

表7.1 変換に必要な変数
名前タイプ目的および値

satellite_server_url *

string

https://satellite.example.com などの Satellite Server の URL

satellite_username *

string

ユーザー名

satellite_password *

string

パスワード

satellite_organization *

string

組織の名前

satellite_content_rhel_wait_for_syncs *

boolean

Satellite Server がリポジトリーの同期が完了するまで待機せずに、データの生成を続行する場合は、false に設定します。(デフォルト: true)

satellite_validate_certs *

boolean

Ansible で証明書チェックを有効にする場合は true に設定します (デフォルト: true)。

satellite_convert2rhel_manage_subscription

boolean

Satellite Server にマニフェストがすでに存在する場合は、false に設定します。ディスクから新しいマニフェストをアップロードすると、現在のマニフェストが上書きされます (デフォルト: true)。

satellite_content_rhel_enable_rhel7 *

boolean

Red Hat Enterprise Linux 7 リポジトリーを有効にします。ホストを Red Hat Enterprise Linux 7 に変換する予定がない場合は、false に設定します (デフォルト: true)。

satellite_convert2rhel_enable_oracle7

boolean

Oracle Linux 7 の変換データを準備する場合は true に設定します。それ以外の場合は、値を false に設定する必要があります。

satellite_content_rhel_enable_rhel8 *

boolean

Red Hat Enterprise Linux 8 リポジトリーを有効にします。ホストを Red Hat Enterprise Linux 8 に変換する予定がない場合は、false に設定します (デフォルト: true)。

satellite_convert2rhel_enable_oracle8

boolean

Oracle Linux 8 の変換データを準備する場合は true に設定します。それ以外の場合は、値を false に設定する必要があります。

表7.2 変換用の任意の変数
名前タイプ目的および値

satellite_manifest_path *

string

ディスクからアップロードするマニフェストへのパス (例: ~/manifest.zip)。satellite_convert2rhel_manage_subscription を使用してディスクから新しいマニフェストをアップロードする場合は、このパスを設定する必要があります。

satellite_content_rhel_rhel8_releasever *

string

8.5 などのマイナーリリースバージョン。変換の問題を防ぐために、システムのマイナーリリースバージョンが最新の Red Hat Enterprise Linux リリースと異なる場合は、この変数を設定します (デフォルト: latest)。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.