検索

12.11. プッシュモードでのリモート実行ジョブの代替ディレクトリー設定

download PDF

デフォルトでは、Satellite はプッシュモードでのリモート実行ジョブにホスト上の /var/tmp ディレクトリーを使用します。ホスト上の /var/tmp ディレクトリーが noexec フラグ付きでマウントされている場合、Satellite はこのディレクトリー内のリモート実行ジョブスクリプトを実行できません。Satellite-installer を 使用して、プッシュモードでリモート実行ジョブを実行するための代替ディレクトリーを設定できます。

手順

  1. ホスト上で、新しいディレクトリーを作成します。

    # mkdir /My_Remote_Working_Directory
  2. デフォルトの /var/tmp ディレクトリーから SELinux コンテキストをコピーします。

    # chcon --reference=/var/tmp /My_Remote_Working_Directory
  3. 新しいディレクトリーを使用するように Satellite Server または Capsule Server を設定します。

    # satellite-installer \
    --foreman-proxy-plugin-remote-execution-script-remote-working-dir /My_Remote_Working_Directory
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.