検索

第5章 仮想マシンの編集

download PDF

5.1. 仮想マシンのプロパティーの編集

ストレージ、オペレーティングシステム、ネットワークのパラメーターへの変更は、仮想マシンに悪影響を及ぼす可能性があります。変更を加える前に変更内容が正しいことを確認してください。仮想マシンは、実行中に編集することができます。一部の変更 (以下の手順にリスト) は、即時に適用されます。その他のすべての変更を適用するには、仮想マシンをシャットダウンして再起動する必要があります。

手順5.1 仮想マシンの編集

  1. 編集する仮想マシンを選択します。
  2. 編集 をクリックします。
  3. 必要に応じて設定を変更します。
    以下の設定への変更は、即時に適用されます。
    • 名前
    • 説明
    • コメント
    • 最適化オプション (デスクトップ/サーバー)
    • 削除防止
    • ネットワークインターフェース
    • メモリーサイズ (このフィールドを編集して、仮想メモリーをホットプラグします。「仮想メモリーのホットプラグ」を参照してください。)
    • 仮想ソケット (CPU をホットプラグするには、このフィールドを編集します。「仮想 CPU のホットプラグ」を参照してください。)
    • カスタム移行ダウンタイムを使用
    • 高可用性
    • 実行/移行キューでの優先度
    • 厳密なユーザーチェックを無効にする
    • アイコン
  4. OK をクリックします。
  5. 次回の起動時の設定 ポップアップウィンドウが表示された場合には、OK をクリックします。
ステップ 3 でリストした設定の変更は、即時に適用されます。その他の変更はすべて、仮想マシンをシャットダウンして再起動した後に適用されます。それまでの間は、変更が保留されていることを示すオレンジ色のアイコンが ( ) リマインダーとして表示されます。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.