検索

第7章 3scale 高可用性テンプレートおよび評価用テンプレート

download PDF

ここでは、Red Hat 3scale API Management 2.8 インストール環境で使用される 高可用性 テンプレートおよび 評価用 テンプレートについて説明します。

前提条件

  • 高可用性テンプレートおよび評価用テンプレートの要素をデプロイできる OpenShift クラスターが用意されている。
重要

3scale の高可用性テンプレートおよび評価用テンプレートは、テクノロジープレビューの機能としてのみ提供されます。テクノロジープレビューの機能は、Red Hat の実稼働環境のサービスレベルアグリーメント (SLA) の対象外であり、機能的に完全ではないことがあります。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。テクノロジープレビューの機能は、最新の製品機能をいち早く提供して、開発段階で機能のテストを行いフィードバックを提供していただくことを目的としています。Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲に関する詳細は、テクノロジープレビュー機能のサポート範囲 を参照してください。

高可用性テンプレートおよび評価用テンプレートをデプロイするには、以下のセクションに概略を示す手順を実施します。

7.1. 高可用性テンプレート

高可用性 (HA) テンプレートを使用すると、重要なデータベースの HA を設定できます。

前提条件

  • HA テンプレートをデプロイする前に、外部データベースをデプロイおよび設定し、負荷分散されたエンドポイントで HA を設定しておく。

HA テンプレートの使用

高可用性のために amp-ha-tech-preview.yml という名前のテンプレートを使用すると、OpenShift 外部に重要なデータベースをデプロイできます。ただし、以下は除外されます。

  • Memcached
  • Sphinx
  • Zync

標準の amp.yml テンプレートと amp-ha-tech-preview.yml には、以下の違いがあります。

  • 以下の要素が削除されています。

    • backend-redis およびその関連コンポーネント
    • system-redis およびその関連コンポーネント
    • system-mysql およびその関連コンポーネント
    • Redis および MySQL 関連の ConfigMaps
    • MYSQL_IMAGE、REDIS_IMAGE、MYSQL_USER、MYSQL_ROOT_PASSWORD パラメーター
  • デフォルトで、データベースではない DeploymentConfig オブジェクトタイプのレプリカの数が 1 から 2 に増加されます。
  • 以下の必須パラメーターが追加されているため、外部データベースの場所を制御できます。

    • BACKEND_REDIS_STORAGE_ENDPOINT
    • BACKEND_REDIS_QUEUES_ENDPOINT
    • SYSTEM_REDIS_URL
    • APICAST_STAGING_REDIS_URL
    • APICAST_PRODUCTION_REDIS_URL
    • SYSTEM_DATABASE_URL

amp-ha-tech-preview.yml を使用する場合、新たに追加された必須パラメーターによりクラスター外のデータベース接続を設定する必要があります (ただし、永続的なデータが含まれない system-memcachezync-database、および system-sphinx は除外)。エンドポイントには、クレデンシャルを含む、データベースの負荷分散用接続文字列が必要です。また、データベースではないデプロイメントについては、アプリケーションレベルでの冗長性を確保するためにデフォルトで Pod レプリカの数が 2 に増えています。

7.1.1. 高可用性向け RWX_STORAGE_CLASS の設定

ReadWriteMany (RWX) PersistentVolumeClaim (PVC) はストレージクラス RWX_STORAGE_CLASS を使用します。

必須: false

: null

  • これを null (値なし) に設定した場合、ストレージクラスが自動検出されることが OpenShift に通知されます。
  • これを空の文字列 (特定の値または null 以外) に設定すると、文字列ストレージを空にすることが OpenShift に通知されます。これは無効な設定です。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.