検索

1.4.3. 3scale テンプレートのインポート

download PDF
注記
  • ワイルドカードルートは、3scale 2.6 の時点で 廃止されています

    • この機能は、バックグラウンドで Zync により処理されます。
  • API プロバイダーが作成、更新、または削除されると、これらの変更が自動的にルートに反映されます。

3scale テンプレートを OpenShift クラスターにインポートするには、以下の手順を実施します。

手順

  1. ターミナルセッションから、OpenShift にクラスター管理者としてログインします。

    oc login
  2. プロジェクトを選択するか新しいプロジェクトを作成します。

    oc project <project_name>
    oc new-project <project_name>
  3. oc new-app コマンドを入力します。

    1. --file オプションを使用して、ノードおよびエンタイトルメントの設定 でダウンロードした amp.yml ファイルへのパスを指定します。
    2. --param オプションを使用して、WILDCARD_DOMAIN パラメーターに OpenShift クラスターのドメインを設定します。

      oc new-app --file /opt/amp/templates/amp.yml --param WILDCARD_DOMAIN=<WILDCARD_DOMAIN>

      ターミナルには、マスターおよびテナント URL と、新たに作成された 3scale 管理ポータルのクレデンシャルが表示されます。この出力には以下の情報が含まれます。

      • マスター管理者のユーザー名
      • マスターのパスワード
      • マスターのトークン情報
      • テナントのユーザー名
      • テナントのパスワード
      • テナントのトークン情報
  4. https://user-admin.3scale-project.example.com に admin/xXxXyz123 としてログインします。

    * With parameters:
    
     * ADMIN_PASSWORD=xXxXyz123 # generated
     * ADMIN_USERNAME=admin
     * TENANT_NAME=user
    
     * MASTER_NAME=master
     * MASTER_USER=master
     * MASTER_PASSWORD=xXxXyz123 # generated
    
    --> Success
    Access your application via route 'user-admin.3scale-project.example.com'
    Access your application via route 'master-admin.3scale-project.example.com'
    Access your application via route 'backend-user.3scale-project.example.com'
    Access your application via route 'user.3scale-project.example.com'
    Access your application via route 'api-user-apicast-staging.3scale-project.example.com'
    Access your application via route 'api-user-apicast-production.3scale-project.example.com'
  5. 後で確認できるようにするため、詳細を書き留めておきます。
  6. 以下のコマンドが返されると、OpenShift での 3scale デプロイメントが成功しています。

    oc wait --for=condition=available --timeout=-1s $(oc get dc --output=name)
    注記

    OpenShift への 3scale のデプロイメントに成功すると、ログインクレデンシャルが機能します。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.