検索

第8章 3scale の Redis 高可用性 (HA) サポート

download PDF
重要

Red Hat は、ゼロダウンタイムのための Redis のセットアップ、3scale のバックエンドコンポーネントの設定、または Redis データベースのレプリケーションおよびシャーディングを正式にはサポートしていません。本章に記載の内容は、参照用途としてのみ提供されています。また、3scale では、cluster mode の Redis はサポートされません。

高可用性 (HA) は、OpenShift Container Platform (OCP) によりほとんどのコンポーネントで提供されます。詳細は、OpenShift Container Platform 3.11 30.章、高可用性 を参照してください。

Red Hat 3scale API Management の HA 用データベースコンポーネントは、以下のとおりです。

  • backend-redis: 統計ストレージおよび一時ジョブストレージに使用されます。
  • system-redis: 3scale のバックグラウンドジョブの一時ストレージを提供し、system-app Pod の Ruby プロセスのメッセージバスとしても使用されます。

backend-redissystem-redis は、どちらもサポートされる Redis Sentinel および Redis Enterprise 用 Redis 高可用性バリアントと共に動作します。

Redis Pod が停止した場合や、OpenShift Container Platform によって停止された場合には、新しい Pod が自動作成されます。データは永続ストレージから復元されるので、Pod は動作し続けます。このような場合、新しい Pod が起動するまでの間、短いダウンタイムが発生します。これは、Redis がマルチマスター設定をサポートしないという制限によるものです。Redis をデプロイしたすべてのノードに Redis イメージを事前にインストールすることで、ダウンタイムを削減することができます。これにより、Pod の再起動にかかる時間が短縮されます。

ゼロダウンタイムとなるよう Redis をセットアップし、3scale のバックエンドコンポーネントを設定します。

前提条件

  • 管理者ロールが設定された 3scale アカウント

8.1. ゼロダウンタイムのための Redis 設定

ゼロダウンタイムが必要な場合、3scale 管理者は OCP 外部に Redis を設定します。3scale Pod の設定オプションを使用してこの設定を行うには、いくつかの方法があります。

  • 独自の自己管理型 Redis を設定する
  • Redis Sentinel を使用する (Redis Sentinel Documentation を参照)
  • サービスとして提供される Redis:

    例:

    • Amazon ElastiCache
    • Redis Labs
注記

Red Hat は上記のサービスにサポートを提供しません。このようなサービスの言及は、Red Hat による製品やサービスの推奨を意味するものではありません。Red Hat は、Red Hat 外部のコンテンツを使用 (または依存) して発生した損失や費用の責任を負いません。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.