検索

10.3. Ansible コードボットエラーのトラブルシューティング

download PDF

10.3.1. Ansible コードボットにアクセスできない

Ansible コードボットをインストールしてログインしようとすると、次のエラーメッセージが表示されます。

Your organization does not have a valid Red Hat Ansible Lightspeed subscription

Ansible コードボットをインストールすると、次の図に示すように、アクティブなサブスクリプションステータスを示すページにリダイレクトされます。

図10.1 アクティブなサブスクリプションがある Ansible コードボットログイン画面

アクティブなサブスクリプションがある Ansible コードボットログイン画面

ログイン画面にサブスクリプションステータスがアクティブではないと表示される場合、Ansible コードボットによる Git リポジトリーのスキャンは実行されません。このエラーは、組織に有効な Ansible Automation Platform サブスクリプションがないために発生します。このエラーを解決するには、有効な Red Hat Ansible Automation Platform サブスクリプションを持つ組織に所属していることを確認してください。

10.3.2. Ansible コードボットを使用して Git リポジトリーをスキャンできない

Ansible コードボットが正しく設定されていない場合、Git リポジトリーがスキャンされないか、プルリクエストが作成されません。

Ansible コードボットエラーを解決するには、以下を確認します。

  • スキャンするすべての Git リポジトリーを選択している。
  • リポジトリーの .github フォルダーに ansible-code-bot.yml という名前の .yml 設定ファイルがある。たとえば、.github/ansible-code-bot.yml です。

ansible-code-bot-scan のトピックをリポジトリーに追加して、git リポジトリーで手動スキャンを実行します。詳細は、Git リポジトリーの手動スキャン を参照してください。

Ansible コードボットで依然として Git リポジトリーのスキャンができない場合は、次のシナリオが考えられます。

  • Ansible コードボットで Git リポジトリーの ansible-lint 違反が特定されていない。
  • Ansible コードボットには、Git リポジトリーをスキャンする権限がない。
  • 組織に、有効な Red Hat Ansible Automation Platform サブスクリプションがない。

10.3.3. プルリクエストを作成できない

Git リポジトリーをスキャンした後、Ansible コードボットがプルリクエストを作成できないというエラーが発生する場合があります。

このエラーを解決するには、以下を確認してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.