検索

3.10. Satellite Server での DNS、DHCP および TFTP の設定

download PDF

DNS、DHCP および TFTP サービスを Satellite Server で設定するには、お使いの環境に適したオプションを指定して satellite-installer コマンドを使用します。設定可能なオプションの全リストを表示するには、satellite-installer --scenario satellite --help コマンドを入力します。

設定を変更するには、satellite-installer コマンドを再び実行する必要があります。コマンドは複数回実行でき、実行するたびにすべての設定ファイルが変更された値で更新されます。

代わりに外部の DNS、DHCP および TFTP サービスを使用するには、4章外部サービスでの Satellite Server の設定 を参照してください。

Multihomed DHCP の詳細の追加

マルチホーム DHCP を使用する場合は、インストーラーに通知する必要があります。

前提条件

  • 以下の情報が利用可能であることを確認する。

    • DHCP IP アドレス範囲
    • DHCP ゲートウェイ IP アドレス
    • DHCP ネームサーバー IP アドレス
    • DNS 情報
    • TFTP サーバー名
  • ネットワークの変更の場合は、可能な限り、IP アドレスの代わりに FQDN を使用します。
  • ネットワーク管理者に連絡して正しい設定が行われていることを確認する。

手順

  • お使いの環境に適したオプションで、satellite-installer コマンドを入力してください。以下の例では、完全なプロビジョニングサービスの設定を示しています。

    # satellite-installer --scenario satellite \
    --foreman-proxy-dns true \
    --foreman-proxy-dns-managed true \
    --foreman-proxy-dns-interface eth0 \
    --foreman-proxy-dns-zone example.com \
    --foreman-proxy-dns-reverse 2.0.192.in-addr.arpa \
    --foreman-proxy-dhcp true \
    --foreman-proxy-dhcp-managed true \
    --foreman-proxy-dhcp-interface eth0 \
    --foreman-proxy-dhcp-additional-interfaces eth1 \
    --foreman-proxy-dhcp-additional-interfaces eth2 \
    --foreman-proxy-dhcp-range "192.0.2.100 192.0.2.150" \
    --foreman-proxy-dhcp-gateway 192.0.2.1 \
    --foreman-proxy-dhcp-nameservers 192.0.2.2 \
    --foreman-proxy-tftp true \
    --foreman-proxy-tftp-managed true \
    --foreman-proxy-tftp-servername 192.0.2.3

プロンプトに表示される satellite-installer コマンドの進行状況を監視できます。/var/log/foreman-installer/satellite.log でログを表示できます。/etc/foreman-installer/scenarios.d/satellite-answers.yaml ファイルで、使用されている設定 (initial_admin_password パラメーターなど) を表示できます。

DHCP、DNS および TFTP サービスの設定に関する情報は、ホストのプロビジョニングネットワークサービスの設定 セクションを参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.