検索

第1章 インストールのための環境準備

download PDF

Satellite をインストールする前に、環境が以下の要件を満たしていることを確認する必要があります。

1.1. システム要件

ネットワーク接続されたベースのオペレーティングシステムには、以下の要件が適用されます。

  • x86_64 アーキテクチャー
  • 最低 4 コア 2.0 GHz CPU
  • Satellite Server が機能するには、最低 20 GB のメモリーが必要です。また、最低 4 GB のスワップ領域が推奨されます。最低値よりも少ないメモリーで実行している Satellite は正常に動作しないことがあります。
  • 利用可能なすべての更新が適用されてインストールされているサポートされているオペレーティングシステム
  • 一意なホスト名 (小文字、数字、ドット (.)、ハイフン (-) を使用できます)
  • 現在の Red Hat Satellite サブスクリプション
  • 管理ユーザー (root) アクセス
  • システム umask 0022
  • 完全修飾ドメイン名を使用した完全な正引きおよび逆引きの DNS 解決

Satellite は UTF-8 エンコーディングのみをサポートします。地域が米国で言語が英語の場合、システム全体のロケール設定として en_US.utf-8 を設定します。Red Hat Enterprise Linux でのシステムロケールの設定に関する詳細は、Red Hat Enterprise Linux 8 での基本的なシステム設定の構成システムロケールの設定 を参照してください。

Satellite には、カスタマーポータルに Red Hat Satellite Infrastructure サブスクリプションマニフェストが必要です。Satellite では、satellite-capsule-6.x リポジトリーが有効化され、同期されている必要があります。カスタマーポータルで Red Hat サブスクリプションマニフェストを作成、管理、およびエクスポートするには、Subscription Central での 接続された Satellite Server のマニフェストの作成と管理 を参照してください。

Satellite Server および Capsule Server では、ホスト名の短縮名はサポートされません。カスタム証明書を使用する場合には、カスタム証明書の Common Name (CN) は短縮名ではなく完全修飾ドメイン名 (FQDN) である必要があります。これは Satellite のクライアントには適用されません。

Satellite Server をインストールする前に、環境がインストール要件を満たしていることを確認する必要があります。

Satellite Server は、新たにプロビジョニングしたシステムにインストールしておく。Satellite Server が作成するローカルのユーザーとの競合を回避するため、新たにプロビジョニングしたシステムには、以下のユーザーを外部アイデンティティープロバイダーで設定して使用しないようにしてください。

  • apache
  • foreman
  • foreman-proxy
  • postgres
  • pulp
  • puppet
  • qdrouterd
  • qpidd
  • redis
  • tomcat

認定ハイパーバイザー

Satellite Server は、Red Hat Enterprise Linux の実行をサポートするハイパーバイザーで稼働する物理システムおよび仮想マシン両方で完全にサポートされます。認定ハイパーバイザーの詳細は、Certified Guest Operating Systems in Red Hat OpenStack Platform, Red Hat Virtualization, Red Hat OpenShift Virtualization and Red Hat Enterprise Linux with KVM を参照してください。

SELinux モード

SELinux は、Enforcing モードまたは Permissive モードのいずれかで有効化されている必要があります。無効化された SELinux でのインストールはサポートされません。

FIPS Mode

FIPS モードで稼働する Red Hat Enterprise Linux システムに、Satellite をインストールできます。Satellite のインストール後に FIPS モードを有効にすることはできません。詳細は、Red Hat Enterprise Linux セキュリティー強化FIPS モードが有効な RHEL 8 システムのインストール を参照してください。

注記

Satellite は、DEFAULT および FIPS 暗号化ポリシーをサポートしています。FUTURE 暗号化ポリシーは、Satellite および Capsule のインストールではサポートされていません。

Inter-Satellite Synchronization (ISS)

エアギャップされた Satellite Server を使用するシナリオでは、ISS エクスポート同期が機能するために、すべての Satellite Server が同じSatellite バージョン上にある必要があります。ISS Network Sync は、それをサポートするすべての Satellite バージョンで動作します。詳細は、コンテンツ管理ガイドSatellite Server 間でのコンテンツ同期 を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.