検索

3.8. Satellite サーバー上のプルクライアントのリモート実行の設定

download PDF

デフォルトでは、リモート実行はスクリプトプロバイダーのトランスポートメカニズムとして SSH を使用します。ただし、リモート実行にはプルベースのトランスポート機能があり、インフラストラクチャーが Satellite からホストへの発信接続を禁止している場合に使用できます。

これは、Satellite 上の pull-mqtt モードとホスト上で実行されるプルクライアントの組み合わせで設定されます。Katello Agent を引き続き使用する場合は、プルベースのトランスポートの非推奨の方法である移行用に pull-mqtt モードを設定します。

注記

pull-mqtt モードは、スクリプトプロバイダーでのみ機能します。Ansible およびその他のプロバイダーは、引き続きデフォルトのトランスポート設定を使用します。

Satellite Server で pull-mqtt モードを使用するには、以下の手順に従います。

手順

  1. Satellite サーバーでプルベースのトランスポートを有効にします。

     # satellite-installer --scenario satellite \
    --foreman-proxy-plugin-remote-execution-script-mode pull-mqtt
  2. ポート 1883 で MQTT サービスを許可するようにファイアウォールを設定します。

    # firewall-cmd --add-service=mqtt
    # firewall-cmd --runtime-to-permanent

    pull-mqtt モードでは、ホストは登録されている Satellite または Capsule Server へのジョブ通知をサブスクライブします。したがって、Satellite Server が同じ Satellite (または Capsule) にリモート実行ジョブを送信するようにすることが推奨されます。

  3. Satellite Web UI で、Administer > Settings に移動します。
  4. Content タブで、リモート実行用に Capsule 経由で登録推奨 の値を Yes に設定します。

Satellite にプルベースのトランスポートを設定したら、各ホストでも設定する必要があります。詳細は、ホストの管理リモート実行のトランスポートモード を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.