検索

第9章 JVM の設定

download PDF

Java Virtual Machine (JVM) の設定は、スタンドアロンの JBoss EAP サーバーとマネージドドメインの JBoss EAP サーバーでは異なります。

スタンドアロン JBoss EAP サーバーインスタンスでは、起動時にサーバー起動プロセスが JVM 設定を JBoss EAP サーバーに渡します。これは、JBoss EAP を起動する前にコマンドラインから宣言できます。 また、管理コンソールの Configuration にある System Properties 画面を使用して宣言することもできます。

マネージドドメインでは、JVM の設定は host.xml および domain.xml 設定ファイルで宣言され、ホスト、サーバーグループ、またはサーバーレベルで設定できます。

注記

システムプロパティーは、起動中に JBoss EAP モジュール (ロギングマネージャーなど) が使用する JAVA_OPTS で設定する必要があります。

9.1. スタンドアロンサーバーの JVM 設定

スタンドアロン JBoss EAP サーバーインスタンスの JVM 設定は、サーバーの起動前に JAVA_OPTS 環境変数を設定すると、起動時に宣言できます。

Linux で JAVA_OPTS 環境変数を設定する例は次のとおりです。

$ export JAVA_OPTS="-Xmx1024M"

Microsoft Windows 環境でも同じ設定を使用できます。

set JAVA_OPTS="Xmx1024M"

この代わりに、JVM に渡すオプションの例が含まれる EAP_HOME/bin フォルダーの standalone.conf ファイル (Windows Server の場合は standalone.conf.bat) に JVM 設定を追加することもできます。

JAVA_OPTS 環境変数を設定する以外に、次に挙げる代替方法のいずれかを使用してシステムプロパティーを設定できます。

  • 以下のコマンドを実行します。
$ EAP_HOME/bin/standalone.sh -Dmyproperty=value
  • JBoss プロファイル設定ファイル standalone*.xml または domain.xml を編集します。
警告

システムプロパティーが複数の方法で設定されている場合、JBoss プロファイル設定ファイル standalone*.xml または domain.xml の値が他の値を上書きするため、JBoss EAP の起動時に問題が発生する可能性があります。たとえば、JAVA_OPTS 環境変数と JBoss プロファイル設定ファイルでシステム設定を定義した場合、JBoss プロファイル設定の値は JAVA_OPTS の値を上書きします。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.