検索

7.2. 管理コンソールを使用したアプリケーションのデプロイ

download PDF

管理コンソールを使用してアプリケーションをデプロイすると、使用が簡単なグラフィカルインターフェイスを利用することができます。サーバーまたはサーバーグループにデプロイされたアプリケーションを一目で確認できるほか、必要に応じてアプリケーションを有効または無効にしたり、アプリケーションをコンテンツリポジトリーから削除したりすることができます。

7.2.1. 管理コンソールを使用したアプリケーションのスタンドアロンサーバーへのデプロイ

JBoss EAP 管理コンソールの Deployments タブからデプロイメントを表示および管理できます。

アプリケーションのデプロイ

追加 (+) ボタンをクリックします。デプロイメントのアップロード未管理デプロイメントの追加、または 空のデプロイメントの作成 を選択して、アプリケーションをデプロイできます。デプロイメントはデフォルトで有効になります。

  • 新規デプロイメントのアップロード

    サーバーのコンテンツリポジトリーにコピーされ、JBoss EAP によって管理されるアプリケーションをアップロードします。

  • 未管理デプロイメントの追加

    デプロイメントの場所を指定します。このデプロイメントはサーバーのコンテンツリポジトリーにはコピーされず、JBoss EAP によって管理されません。

  • 空のデプロイメントの作成

    空のデプロイメント形式 (exploded) のデプロイメントを作成します。このデプロイメントの作成後、ファイルをデプロイメントに追加できます。

アプリケーションのアンデプロイ

デプロイメントを選択し、Undeploy オプションを選びます。JBoss EAP により、コンテンツリポジトリーからデプロイメントが削除されます。

アプリケーションの無効化

デプロイメントを選択し、無効オプションを選択してアプリケーションを無効にします。これにより、デプロイメントがアンデプロイされますが、コンテンツリポジトリーから削除されません。

アプリケーションの置換

デプロイメントを選択し、置換オプションを選択します。元のバージョンと同じ名前を持つ新しいバージョンのデプロイメントを選択し、Finish をクリックします。これにより、元のバージョンのデプロイメントがアンデプロイおよび削除され、新しいバージョンがデプロイされます。

7.2.2. 管理コンソールを使用したマネージドドメインでのアプリケーションのデプロイ

JBoss EAP 管理コンソールの Deployments タブではデプロイメントを表示および管理できます。

  • Content Repository

    管理されるデプロイメントと管理されないデプロイメントはすべて Content Repository セクションで表示されます。ここで、デプロイメントを追加したり、デプロイメントをサーバーグループにデプロイすることができます。

  • Server Groups

    1 つまたは複数のサーバーグループにデプロイされたデプロイメントは Server Groups セクションにリストされます。ここで、デプロイメントを直接サーバーグループに追加したり、有効にしたりすることができます。

アプリケーションの追加
  1. Content Repository追加ボタンをクリックします。
  2. デプロイメントのアップロード または 未管理のデプロイメント作成 を選択し、アプリケーションを追加します。
  3. プロンプトに従ってアプリケーションをデプロイします。

    デプロイメントを有効にするには、デプロイメントをサーバーグループにデプロイする必要があります。

アプリケーションのサーバーグループへのデプロイ
  1. Content Repository でデプロイメントを選択し、Deploy を選択します。
  2. このデプロイメントをデプロイするサーバーグループを 1 つ以上選択します。
  3. 選択したサーバーグループのデプロイメントを有効にするオプションを任意で選択することもできます。
アプリケーションのサーバーグループからのアンデプロイ
  1. Server Groups で適切なサーバーグループを選択します。
  2. 希望のデプロイメントを選択し、Undeploy ボタンをクリックします。

また、Content Repository でデプロイメントの Undeploy ボタンを選択して、複数のサーバーグループから 1 度にデプロイメントをアンデプロイすることもできます。

アプリケーションの削除
  1. デプロイメントがサーバーグループにデプロイされている場合は、必ずデプロイメントをアンデプロイします。
  2. Content Repository でデプロイメントを選択し、削除 を選択します。

これにより、コンテンツリポジトリーからデプロイメントが削除されます。

アプリケーションの無効化
  1. Server Groups で適切なサーバーグループを選択します。
  2. 無効にするデプロイメントを選択し、無効 を選択します。

これにより、デプロイメントがアンデプロイされますが、コンテンツリポジトリーから削除されません。

アプリケーションの置換
  1. Content Repository からデプロイメントを選択し、置換ボタンをクリックします。
  2. 元のバージョンと同じ名前を持つ新しいバージョンのデプロイメントを選択し、置換 をクリックします。

これにより、元のバージョンのデプロイメントがアンデプロイおよび削除され、新しいバージョンがデプロイされます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.