検索

第18章 Remoting の設定

download PDF

18.1. Remoting サブシステムについて

remoting サブシステムは、ローカルおよびリモートサービスのインバウンドおよびアウトバウンド接続の設定を可能にします。

JBoss Remoting プロジェクトには、endpoint、connector、http-connector、および一連のローカルおよびリモート接続 URI などの設定可能な要素が含まれています。

ほとんどのユースケースでは、remoting サブシステムを設定する必要がない場合があります。アプリケーションにカスタム connector を使用する場合は、remoting サブシステムを設定する必要があります。

Jakarta Enterprise Beans などの、リモーティングクライアントとして動作するアプリケーションには特定のコネクターに接続するための別の設定が必要になります。

Remoting サブシステムのデフォルト設定

<subsystem xmlns="urn:jboss:domain:remoting:4.0">
    <endpoint/>
    <http-connector name="http-remoting-connector" connector-ref="default" security-realm="ApplicationRealm"/>
</subsystem>

remoting サブシステムで使用できる属性の完全リストは、Remoting サブシステムの属性 を参照してください。

remoting エンドポイント

リモーティングエンドポイントは、io サブシステムによって宣言および設定される XNIO ワーカーを使用します。

リモーティングエンドポイントの設定方法の詳細は、エンドポイントの設定 を参照してください。

connector

connector は、JBoss Remoting プロジェクトの主要な remoting 設定要素であり、外部クライアントが特定のポートでサーバーに接続できるようにするために使用されます。connector を介してサーバーに接続する必要があるクライアントは、サーバーを参照する URL で Remoting remote プロトコルを使用する必要があります (例:remote://localhost:4447)。

複数の connector を設定できます。各 connector は、いくつかのサブ要素と、socket-bindingssl-context などの他のいくつかの属性を備えた <connector> 要素で設定されます。

いくつかの JBoss EAP サブシステムは、デフォルトの connector を使用できます。カスタム connector の要素と属性の設定は、アプリケーションによって異なります。詳細は Red Hat グローバルサポートサービスまでお問い合わせください。

connector の設定方法の詳細は、connector の設定 を参照してください。

http-connector

http-connector 要素は、特別なコネクター設定要素です。外部クライアントは、この要素を使用し、undertow の HTTP アップグレード機能を使用してサーバーに接続できます。

この設定では、クライアントは最初に HTTP プロトコルを使用してサーバーとの接続を確立し、次に同じ接続を介して remote プロトコルを使用します。これにより、undertow のデフォルトポート 8080 など、異なるプロトコルを使用するクライアントが同じポート経由で接続できるようになります。同じポートを介して接続すると、サーバー上で開いているポートの数を減らすことができます。

HTTP アップグレードによるサーバーへの接続が必要なクライアントは、暗号化されていない接続の場合は remoting remote+http プロトコルを使用するか、暗号化された接続の場合は remoting remote+https プロトコルを使用する必要があります。

アウトバウンド接続

3 つのタイプのアウトバウンド接続を指定することができます。

追加の設定

リモーティングは、ネットワークインターフェイスや IO ワーカーなどの remoting サブシステム外部で設定された複数の要素に依存します。

詳細は、リモーティングの追加設定 を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.