検索

9.2. 管理対象ドメインの JVM 設定

download PDF

JBoss EAP マネージドドメインでは、複数のレベルで JVM の設定を定義できます。特定ホストのカスタム JVM 設定を定義し、それらの設定をサーバーグループまたは個別のサーバーインスタンスに適用できます。

デフォルトでは、サーバーグループおよび各サーバーは親から JVM 設定を継承しますが、各レベルで JVM 設定をオーバーライドすることもできます。

注記

domain.conf の JVM 設定 (Windows Server の場合は domain.conf.bat) は JBoss EAP ホストコントローラーの Java プロセスに適用されます。 ホストコントローラーによって制御される個別の JBoss EAP サーバーインスタンスには適用されません。

9.2.1. ホストコントローラーの JVM 設定の定義

ホストコントローラーの JVM 設定を定義し、これらの設定をサーバーグループまたは各サーバーに適用することができます。JBoss EAP には default の JVM 設定が含まれますが、以下の管理 CLI コマンドを実行すると、カスタム JVM 設定およびオプションがある production_jvm という名前の JVM 設定が新たに作成されます。

/host=HOST_NAME/jvm=production_jvm:add(heap-size=2048m, max-heap-size=2048m, max-permgen-size=512m, stack-size=1024k, jvm-options=["-XX:-UseParallelGC"])

使用できるすべてのオプションの説明は マネージドドメインの JVM 設定属性 を参照してください。

また、JBoss EAP 管理コンソールで JVM 設定を作成および編集するには、Runtime Hosts と選択し、ホストを選択して 表示 をクリックし、JVMs タブを選択します。

これらの設定は host.xml<jvm> タグ内に保存されます。

9.2.2. JVM 設定のサーバーグループへの適用

サーバーグループの作成時に、グループのすべてのサーバーが使用する JVM 設定を指定できます。以下の管理 CLI コマンドを実行すると、前の例 で示された production_jvm JVM 設定を使用する groupA という名前のサーバーグループが作成されます。

/server-group=groupA:add(profile=default, socket-binding-group=standard-sockets)
/server-group=groupA/jvm=production_jvm:add

サーバーグループのすべてのサーバーは、production_jvm から JVM 設定を継承します。

サーバーグループレベルで特定の JVM 設定をオーバーライドすることもできます。たとえば、別のヒープサイズを設定するには、以下のコマンドを使用できます。

/server-group=groupA/jvm=production_jvm:write-attribute(name=heap-size,value="1024m")

上記コマンドの実行後、サーバーグループ groupAproduction_jvm から JVM 設定を継承しますが、ヒープサイズの値は 1024m にオーバーライドされます。

使用できるすべてのオプションの説明は マネージドドメインの JVM 設定属性 を参照してください。

また、JBoss EAP 管理コンソールでサーバーグループの JVM 設定を編集するには、Runtime Server Groups と選択し、サーバーグループを選択して 表示 をクリックし、JVMs タブを選択します。

サーバーグループの設定は domain.xml に保存されます。

9.2.3. JVM 設定の個別のサーバーへの適用

デフォルトでは、個別の JBoss EAP サーバーインスタンスは属するサーバーグループの JVM 設定を継承します。しかし、継承した設定をホストコントローラーからの別の JVM 設定定義でオーバーライドしたり、特定の JVM 設定をオーバーライドすることもできます。

たとえば、以下のコマンドは 前の例で示したサーバーグループ の JVM 定義をオーバーライドし、server-one の JVM 設定を default の JVM 定義に設定します。

/host=HOST_NAME/server-config=server-one/jvm=default:add

また、サーバーグループと同様に、サーバーレベルで特定の JVM 設定をオーバーライドすることもできます。たとえば、別のヒープサイズを設定するには、以下のコマンドを使用できます。

/host=HOST_NAME/server-config=server-one/jvm=default:write-attribute(name=heap-size,value="1024m")

使用できるすべてのオプションの説明は マネージドドメインの JVM 設定属性 を参照してください。

また、JBoss EAP 管理コンソールでサーバー JVM 設定を作成編集するには、Runtime Hosts と選択し、ホストを選択して 表示 をサーバー上でクリックし、JVMs タブを選択します。

各サーバーのこれらの設定は host.xml に保存されます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.