検索

3.3. ロボットアカウントの無効化

download PDF

Red Hat Quay 管理者は、ユーザーに新しいロボットアカウントの作成を禁止することでロボットアカウントを管理できます。

重要

リポジトリーのミラーリングにはロボットアカウントが必要です。ROBOTS_DISALLOW 設定フィールドを true に設定すると、ミラーリング設定が破棄されます。リポジトリーをミラーリングするユーザーは、config.yaml ファイルで ROBOTS_DISALLOWtrue に設定しないでください。これは既知の問題であり、Red Hat Quay の今後のリリースで修正される予定です。

ロボットアカウントの作成を無効にするには、次の手順を実行します。

前提条件

  • 複数のロボットアカウントを作成している。

手順

  1. config.yaml フィールドを更新して ROBOTS_DISALLOW 変数を追加します。次に例を示します。

    ROBOTS_DISALLOW: true
  2. Red Hat Quay デプロイメントを再起動します。

検証: 新しいロボットアカウントの作成

  1. Red Hat Quay リポジトリーに移動します。
  2. リポジトリーの名前をクリックします。
  3. ナビゲーションウィンドウで、Robot Accounts をクリックします。
  4. Create Robot Account をクリックします。
  5. ロボットアカウントの名前を入力します (例: <organization-name/username>+<robot-name>)
  6. Create robot account をクリックして作成を確定します。次のメッセージが表示されます。Cannot create robot account.Robot accounts have been disabled.Please contact your administrator.

検証: ロボットアカウントへのログイン

  1. コマンドラインインターフェイス (CLI) で、次のコマンドを入力してロボットアカウントの 1 つとしてログインを試みます。

    $ podman login -u="<organization-name/username>+<robot-name>" -p="KETJ6VN0WT8YLLNXUJJ4454ZI6TZJ98NV41OE02PC2IQXVXRFQ1EJ36V12345678" <quay-server.example.com>

    次のエラーメッセージが返されます。

    Error: logging into "<quay-server.example.com>": invalid username/password
  2. log-level=debug フラグを渡すと、ロボットアカウントが無効化されたことを確認できます。

    $ podman login -u="<organization-name/username>+<robot-name>" -p="KETJ6VN0WT8YLLNXUJJ4454ZI6TZJ98NV41OE02PC2IQXVXRFQ1EJ36V12345678" --log-level=debug <quay-server.example.com>
    ...
    DEBU[0000] error logging into "quay-server.example.com": unable to retrieve auth token: invalid username/password: unauthorized: Robot accounts have been disabled. Please contact your administrator.
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.