検索

第11章 Red Hat Quay クォータの管理と適用の概要

download PDF

Red Hat Quay では、ユーザーは、設定されたストレージクォータ制限を確立することにより、ストレージ消費を報告し、レジストリーの増加を抑えることができます。オンプレミスの Red Hat Quay ユーザーには、環境の容量制限を管理するための次の機能が装備されるようになりました。

  • Quota reporting: この機能を使用すると、スーパーユーザーはすべての組織のストレージ消費量を追跡できます。さらに、ユーザーは割り当てられた組織のストレージ消費量を追跡できます。
  • Quota management: この機能を使用すると、スーパーユーザーは Red Hat Quay ユーザーのソフトチェックとハードチェックを定義できます。ソフトチェックは、組織のストレージ消費量が設定されたしきい値に達しているかどうかをユーザーに通知します。ハードチェックは、ストレージ消費量が設定された制限に達したときにユーザーがレジストリーにプッシュするのを防ぎます。

これらの機能を組み合わせることで、Red Hat Quay レジストリーのサービス所有者はサービスレベル契約を定義し、健全なリソース予算をサポートできるようになります。

11.1. クォータ管理アーキテクチャー

クォータ管理機能を有効にすると、個々の BLOB サイズがリポジトリーレベルと名前空間レベルで合計されます。たとえば、同じリポジトリー内の 2 つのタグが同じ BLOB を参照している場合、その BLOB のサイズはリポジトリーの合計に対して 1 回だけカウントされます。さらに、マニフェストリストの合計もリポジトリーの合計にカウントされます。

重要

マニフェスト一覧の合計はリポジトリーの合計にカウントされるため、Red Hat Quay の以前のバージョンからアップグレードするときに消費される合計クォータは、Red Hat Quay 3.9 では大幅に異なる可能性があります。場合によっては、新しい合計がリポジトリーで以前に設定された制限を超える可能性があります。Red Hat Quay 管理者は、これらの変更を考慮して、リポジトリーに割り当てられたクォータを調整する必要がある場合があります。

クォータ管理機能は、バックフィルワーカーを使用して既存のリポジトリーと名前空間のサイズを計算し、その後プッシュまたはガベージコレクションされたすべてのイメージの合計を加算または減算することによって機能します。さらに、マニフェストがガベージコレクションされるときに、合計からの減算が行われます。

注記

マニフェストがガベージコレクションされるときに合計から減算が発生するため、ガベージコレクションが可能になるまでサイズの計算に遅れが生じます。ガベージコレクションの詳細は、Red Hat Quay ガベージコレクション を参照してください。

以下のデータベーステーブルには、組織内の Red Hat Quay リポジトリーのクォータリポジトリーサイズ、クォータ名前空間サイズ、およびクォータレジストリーサイズ (バイト単位) が保持されます。

  • QuotaRepositorySize
  • QuotaNameSpaceSize
  • QuotaRegistrySize

組織のサイズは、重複しないようにバックフィル作業者によって計算されます。イメージプッシュが初期化されると、ユーザーの組織ストレージが検証され、設定されたクォータ制限を超えているかどうかがチェックされます。イメージプッシュが定義されたクォータ制限を超えると、ソフトチェックまたはハードチェックが発生します。

  • ソフトチェックの場合は、ユーザーに通知されます。
  • ハードチェックの場合は、プッシュが停止します。

ストレージ消費量が設定済みのクォータ制限内にある場合は、プッシュを続行できます。

イメージマニフェストの削除も同様のフローに従い、関連するイメージタグとマニフェストの間のリンクが削除されます。さらに、イメージマニフェストが削除された後、リポジトリーサイズが再計算され、QuotaRepositorySizeQuotaNameSpaceSize、および QuotaRegistrySize テーブルで更新されます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.