検索

11.4. Red Hat Quay API を使用したクォータの確立

download PDF

組織が最初に作成されたとき、割り当ては適用されていません。/api/v1/organization/{organization}/quota エンドポイントを使用します。

サンプルコマンド

$ curl -k -X GET -H "Authorization: Bearer <token>" -H 'Content-Type: application/json'  https://example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.gcp.quaydev.org/api/v1/organization/testorg/quota  | jq

出力例

[]

11.4.1. クォータの設定

組織の割り当てを設定するには、データを /api/v1/organization/{orgname}/quota エンドポイントに POST します。以下はコマンド例です。

$ curl -k -X POST -H "Authorization: Bearer <token>" -H 'Content-Type: application/json' -d '{"limit_bytes": 10485760}'  https://example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.quayteam.org/api/v1/organization/testorg/quota | jq

出力例

"Created"

11.4.2. クォータの表示

適用されたクォータを確認するには、/api/v1/organization/{orgname}/quota エンドポイントからデータを GET します。

サンプルコマンド

$ curl -k -X GET -H "Authorization: Bearer <token>" -H 'Content-Type: application/json'  https://example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.gcp.quaydev.org/api/v1/organization/testorg/quota  | jq

出力例

[
  {
    "id": 1,
    "limit_bytes": 10485760,
    "default_config": false,
    "limits": [],
    "default_config_exists": false
  }
]

11.4.3. クォータの変更

既存の割り当てを変更する (ここでは 10MB から 100MB に) には、データを /api/v1/organization/{orgname}/quota/{quota_id} エンドポイントに PUT します。

サンプルコマンド

$ curl -k -X PUT -H "Authorization: Bearer <token>" -H 'Content-Type: application/json' -d '{"limit_bytes": 104857600}'  https://example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.gcp.quaydev.org/api/v1/organization/testorg/quota/1 | jq

出力例

{
  "id": 1,
  "limit_bytes": 104857600,
  "default_config": false,
  "limits": [],
  "default_config_exists": false
}

11.4.4. イメージのプッシュ

消費されたストレージを確認するには、さまざまなイメージを組織にプッシュします。

11.4.4.1. ubuntu:18.04 のプッシュ

コマンドラインから組織に ubuntu:18.04 をプッシュします。

サンプルコマンド

$ podman pull ubuntu:18.04

$ podman tag docker.io/library/ubuntu:18.04 example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.gcp.quaydev.org/testorg/ubuntu:18.04

$ podman push --tls-verify=false example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.gcp.quaydev.org/testorg/ubuntu:18.04

11.4.4.2. API を使用してクォータの使用状況の表示

消費されたストレージを表示するには、/api/v1/repository エンドポイントからデータを GET します。

サンプルコマンド

$ curl -k -X GET -H "Authorization: Bearer <token>" -H 'Content-Type: application/json' 'https://example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.gcp.quaydev.org/api/v1/repository?last_modified=true&namespace=testorg&popularity=true&public=true'  | jq

出力例

{
  "repositories": [
    {
      "namespace": "testorg",
      "name": "ubuntu",
      "description": null,
      "is_public": false,
      "kind": "image",
      "state": "NORMAL",
      "quota_report": {
        "quota_bytes": 27959066,
        "configured_quota": 104857600
      },
      "last_modified": 1651225630,
      "popularity": 0,
      "is_starred": false
    }
  ]
}

11.4.4.3. 別のイメージをプッシュ

  1. 2 番目のイメージをプル、タグ付け、プッシュします。たとえば、nginx です。

    サンプルコマンド

    $ podman pull nginx
    
    $ podman tag docker.io/library/nginx example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.gcp.quaydev.org/testorg/nginx
    
    $ podman push --tls-verify=false example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.gcp.quaydev.org/testorg/nginx

  2. 組織内のリポジトリーのクォータレポートを表示するには、/api/v1/repository エンドポイントを使用します。

    サンプルコマンド

    $ curl -k -X GET -H "Authorization: Bearer <token>" -H 'Content-Type: application/json' 'https://example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.gcp.quaydev.org/api/v1/repository?last_modified=true&namespace=testorg&popularity=true&public=true'

    出力例

    {
      "repositories": [
        {
          "namespace": "testorg",
          "name": "ubuntu",
          "description": null,
          "is_public": false,
          "kind": "image",
          "state": "NORMAL",
          "quota_report": {
            "quota_bytes": 27959066,
            "configured_quota": 104857600
          },
          "last_modified": 1651225630,
          "popularity": 0,
          "is_starred": false
        },
        {
          "namespace": "testorg",
          "name": "nginx",
          "description": null,
          "is_public": false,
          "kind": "image",
          "state": "NORMAL",
          "quota_report": {
            "quota_bytes": 59231659,
            "configured_quota": 104857600
          },
          "last_modified": 1651229507,
          "popularity": 0,
          "is_starred": false
        }
      ]
    }

  3. 組織の詳細でクォータ情報を表示するには、/api/v1/organization/{orgname} エンドポイントを使用します。

    サンプルコマンド

    $ curl -k -X GET -H "Authorization: Bearer <token>" -H 'Content-Type: application/json' 'https://example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.gcp.quaydev.org/api/v1/organization/testorg' | jq

    出力例

    {
      "name": "testorg",
      ...
      "quotas": [
        {
          "id": 1,
          "limit_bytes": 104857600,
          "limits": []
        }
      ],
      "quota_report": {
        "quota_bytes": 87190725,
        "configured_quota": 104857600
      }
    }

11.4.5. クォータ制限を使用してプッシュの拒否

イメージプッシュが定義されたクォータ制限を超えると、ソフトチェックまたはハードチェックが発生します。

  • ソフトチェックまたは 警告 の場合は、ユーザーに通知されます。
  • ハードチェックまたは 拒否 の場合、プッシュは終了します。

11.4.5.1. 拒否および警告の制限の設定

拒否 および 警告 の制限を設定するには、データを /api/v1/organization/{orgname}/quota/{quota_id}/limit エンドポイントに POST します。

サンプル拒否制限コマンド

$ curl -k -X POST -H "Authorization: Bearer <token>" -H 'Content-Type: application/json' -d '{"type":"Reject","threshold_percent":80}'  https://example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.gcp.quaydev.org/api/v1/organization/testorg/quota/1/limit

警告制限コマンドの例

$ curl -k -X POST -H "Authorization: Bearer <token>" -H 'Content-Type: application/json' -d '{"type":"Warning","threshold_percent":50}'  https://example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.gcp.quaydev.org/api/v1/organization/testorg/quota/1/limit

11.4.5.2. 拒否および警告の制限の表示

拒否 および 警告 の制限を表示するには、/api/v1/Organization/{orgname}/quota エンドポイントを使用します。

クォータ制限の表示

$  curl -k -X GET -H "Authorization: Bearer <token>" -H 'Content-Type: application/json'  https://example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.gcp.quaydev.org/api/v1/organization/testorg/quota | jq

クォータ制限のサンプル出力

[
  {
    "id": 1,
    "limit_bytes": 104857600,
    "default_config": false,
    "limits": [
      {
        "id": 2,
        "type": "Warning",
        "limit_percent": 50
      },
      {
        "id": 1,
        "type": "Reject",
        "limit_percent": 80
      }
    ],
    "default_config_exists": false
  }
]

11.4.5.3. 拒否制限を超えたときにイメージをプッシュ

この例では、拒否制限 (80%) が現在のリポジトリーサイズ (~83%) 未満に設定されているため、次のプッシュは自動的に拒否されます。

コマンドラインからサンプルイメージを組織にプッシュします。

サンプルイメージプッシュ

$ podman pull ubuntu:20.04

$ podman tag docker.io/library/ubuntu:20.04 example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.gcp.quaydev.org/testorg/ubuntu:20.04

$ podman push --tls-verify=false example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.gcp.quaydev.org/testorg/ubuntu:20.04

クォータを超えたときのサンプル出力

Getting image source signatures
Copying blob d4dfaa212623 [--------------------------------------] 8.0b / 3.5KiB
Copying blob cba97cc5811c [--------------------------------------] 8.0b / 15.0KiB
Copying blob 0c78fac124da [--------------------------------------] 8.0b / 71.8MiB
WARN[0002] failed, retrying in 1s ... (1/3). Error: Error writing blob: Error initiating layer upload to /v2/testorg/ubuntu/blobs/uploads/ in example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.gcp.quaydev.org: denied: Quota has been exceeded on namespace
Getting image source signatures
Copying blob d4dfaa212623 [--------------------------------------] 8.0b / 3.5KiB
Copying blob cba97cc5811c [--------------------------------------] 8.0b / 15.0KiB
Copying blob 0c78fac124da [--------------------------------------] 8.0b / 71.8MiB
WARN[0005] failed, retrying in 1s ... (2/3). Error: Error writing blob: Error initiating layer upload to /v2/testorg/ubuntu/blobs/uploads/ in example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.gcp.quaydev.org: denied: Quota has been exceeded on namespace
Getting image source signatures
Copying blob d4dfaa212623 [--------------------------------------] 8.0b / 3.5KiB
Copying blob cba97cc5811c [--------------------------------------] 8.0b / 15.0KiB
Copying blob 0c78fac124da [--------------------------------------] 8.0b / 71.8MiB
WARN[0009] failed, retrying in 1s ... (3/3). Error: Error writing blob: Error initiating layer upload to /v2/testorg/ubuntu/blobs/uploads/ in example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.gcp.quaydev.org: denied: Quota has been exceeded on namespace
Getting image source signatures
Copying blob d4dfaa212623 [--------------------------------------] 8.0b / 3.5KiB
Copying blob cba97cc5811c [--------------------------------------] 8.0b / 15.0KiB
Copying blob 0c78fac124da [--------------------------------------] 8.0b / 71.8MiB
Error: Error writing blob: Error initiating layer upload to /v2/testorg/ubuntu/blobs/uploads/ in example-registry-quay-quay-enterprise.apps.docs.gcp.quaydev.org: denied: Quota has been exceeded on namespace

11.4.5.4. 制限を超えた場合の通知

制限を超えると、通知が表示されます。

クォータ通知

Quota notifications

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.