検索

第1章 ユーザーと組織

download PDF

Red Hat Quay でコンテナーイメージを追加するリポジトリーを作成する前に、そのリポジトリーをどのように構成するかを検討する必要があります。Red Hat Quay では、各リポジトリーを 組織 または ユーザー と関係付ける必要があります。この関係により、リポジトリーの所有権とアクセス制御が定義されます。

1.1. テナンシーモデル

Tenancy model

  • 組織 は、単一のユーザーに属さない共通の名前空間のもとでリポジトリーを共有する方法を提供します。このようなリポジトリーは、会社などの共有設定内の複数のユーザーに属します。
  • チーム は、組織から権限を委任する方法を提供します。権限は、グローバルレベル (たとえば、すべてのリポジトリー全体) で設定することも、特定のリポジトリーに対して設定することもできます。特定のユーザーのセットまたはグループに対して設定することもできます。
  • ユーザー は、Web UI を介してレジストリーにログインすることも、Podman や Docker などのクライアントを使用して、それぞれのログインコマンド ($ podman login など) を使用してレジストリーにログインすることもできます。各ユーザーは、ユーザー名前空間 <quay-server.example.com>/<user>/<username>quay.io/<username> など) を自動的に取得します。
  • スーパーユーザー は、ユーザーインターフェイスの Super User Admin Panel を通じて、強化されたアクセス権と特権を持ちます。スーパーユーザー API 呼び出しも利用できます。通常のユーザーは、これを表示することもアクセスすることもできません。
  • ロボットアカウント は、パイプラインツールなどの人間以外のユーザーにリポジトリーへの自動アクセスを提供します。ロボットアカウントは OpenShift Container Platform の サービスアカウント に似ています。リポジトリー内のロボットアカウントに権限を付与するには、そのアカウントを他のユーザーやチームと同様に追加します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.