検索

12.3. Red Hat Quay を使用してリモートレジストリーをプロキシーする

download PDF

次の手順では、Red Hat Quay を使用してリモートレジストリーをプロキシーする方法を説明します。この手順は、プロキシー quay.io に設定されています。これにより、ユーザーは podman を使用して、quay.io 上の任意の名前空間から任意のパブリックイメージをプルできます。

前提条件

  • config.yaml の FEATURE_PROXY_CACHEtrue に設定されている。
  • Member チームのロールが割り当てられている。チームのロールの詳細は、Red Hat Quay のユーザーおよび組織 を参照してください。

手順

  1. UI の Quay 組織 (たとえば cache-quayio) で、左側のペインの Organization Settings をクリックします。
  2. オプション: Add Storage Quota をクリックして、組織のクォータ管理を設定します。クォータ管理の詳細は、クォータ管理 を参照してください。

    注記

    場合によっては、Podman を使用してイメージをプルすると、プル中にクォータ制限に達したときに unable to pull image: Error parsing image configuration: Error fetching blob: invalid status code from registry 403 (Forbidden) エラーが返されることがあります。エラー 403 は不正確であり、Podman が正しい API エラー Quota has been exceeded on namespace を非表示にしているために発生します。この既知の問題は、将来の Podman 更新で修正される予定です。

  3. Remote Registry に、キャッシュするリモートレジストリーの名前 (quay.io など) を入力し、Save をクリックします。

    注記

    Remote Registry に名前空間 (たとえば quay.io/<namespace>) を追加すると、組織内のユーザーはその名前空間からのみプロキシーできるようになります。

  4. オプション: Remote Registry Username および Remote Registry Password を追加します。

    注記

    Remote Registry Username および Remote Registry Password を設定しない場合は、プロキシーキャッシュを削除して新しいレジストリーを作成しない限り、パスワードを追加できません。

  5. オプション: Expiration フィールドに時間を設定します。

    注記
    • プロキシー組織でキャッシュされたイメージのデフォルトのタグ Expiration フィールドは 86400 秒に設定されています。プロキシー組織では、タグがプルされるたびに、タグの有効期限が UI の Expiration フィールドに設定された値に更新されます。この機能は、Quay のデフォルトの 個別タグ有効期限 機能とは異なります。プロキシー組織では、個々のタグ機能をオーバーライドできます。これが発生すると、プロキシー組織の Expiration フィールドに従って、個々のタグの有効期限がリセットされます。
    • 期限切れのイメージは、割り当てられた時間が経過すると消えますが、Quay に保存されます。イメージが完全に削除されるタイミング、またはコレクションされるタイミングは、組織の Time Machine の設定によって異なります。特に指定がない限り、ガベージコレクションのデフォルトの時間は 14 日です。
  6. Save をクリックします。
  7. CLI で、プロキシーキャッシュとして機能するパブリックイメージ (quay.io など) をレジストリーからプルします。

    $ podman pull <registry_url>/<organization_name>/<quayio_namespace>/<image_name>
    重要

    組織がリモートレジストリー内の単一の名前空間からプルするように設定されている場合は、リモートレジストリーの名前空間を URL から省略する必要があります。たとえば、podman pull <registry_url>/<organization_name>/<image_name> です。

12.3.1. プロキシー組織でのストレージクォータ制限の活用

Red Hat Quay 3.8 では、プロキシーキャッシュ機能が強化され、タグ付きイメージの自動プルーニング機能が追加されました。イメージタグの自動プルーニングは、プロキシーされた名前空間にクォータ制限が設定されている場合にのみ使用できます。現在、イメージサイズが組織のクォータより大きい場合は、管理者が必要なスペースを作成するまで、イメージのアップロードはスキップされます。現在、割り当てられたスペースを超えるイメージがプッシュされると、自動プルーニングの機能強化により、使用頻度の最も低いタグが削除対象としてマークされます。その結果、新しいイメージタグが保存され、最も使用頻度の低いイメージタグが削除対象としてマークされます。

重要
  • 自動プルーニング機能の一部として、削除対象としてマークされたタグは、最終的にガベージコレクター (gc) ワーカープロセスによってガベージコレクションされます。そのため、この期間中はクォータサイズの制限が完全には適用されません。
  • 現在、名前空間クォータサイズの計算では、マニフェストの子のサイズは考慮されていません。これは既知の問題であり、Red Hat Quay の今後のバージョンで修正される予定です。

12.3.1.1. プロキシー組織でのストレージクォータ制限機能のテスト

次の手順を使用して、プロキシーキャッシュとストレージクォータ制限が有効になっている組織の自動プルーニング機能をテストします。

前提条件

  • 組織がプロキシー組織として機能するように設定されている。次の例では、quay.io からプロキシーします。
  • config.yaml ファイルの FEATURE_PROXY_CACHEtrue に設定されている。
  • config.yaml ファイルで FEATURE_QUOTA_MANAGEMENTtrue に設定されている。
  • 組織には 150 MB などのクォータ制限が設定されている。

手順

  1. プロキシー組織からリポジトリーにイメージをプルします。以下に例を示します。

    $ podman pull quay-server.example.com/proxytest/projectquay/quay:3.7.9
  2. リポジトリーに残っているスペースによっては、プロキシー組織から追加のイメージのプルが必要になる場合があります。以下に例を示します。

    $ podman pull quay-server.example.com/proxytest/projectquay/quay:3.6.2
  3. Red Hat Quay レジストリー UI で、リポジトリーの名前をクリックします。

    • ナビゲーションペインで Tags をクリックし、quay:3.7.9quay:3.6.2 がタグ付けされていることを確認します。
  4. リポジトリーに割り当てられたクォータを超えるように、最後のイメージをプルします。次に例を示します。

    $ podman pull quay-server.example.com/proxytest/projectquay/quay:3.5.1
  5. Red Hat Quay レジストリーの Tags ページを更新します。プッシュした最初のイメージ (quay:3.7.9 など) は、自動プルーニングされているはずです。Tags ページには quay:3.6.2quay:3.5.1 が表示されるはずです。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.