検索

4.5. NFS サーバーに必要なサービス

download PDF

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) は、NFS ファイル共有を提供するのに、カーネルモジュールとユーザー空間プロセスの組み合わせを使用します。

表4.1 NFS サーバーに必要なサービス
サービス名NFS バージョン説明

nfsd

3、4

共有 NFS ファイルシステムに対する要求を処理する NFS カーネルモジュール。

rpcbind

3

このプロセスは、ローカルのリモートプロシージャーコール (RPC) サービスからのポート予約を受け入れ、それを使用可能にするかアドバタイズして、対応するリモート RPC サービスがポート予約にアクセスできるようにします。rpcbind サービスは、要求に応答し、指定された RPC サービスへの接続を設定します。

rpc.mountd

3、4

このサービスは NFSv3 クライアントからの MOUNT 要求を処理します。NFSv4 サーバーはこのサービスの内部機能を使用します。

要求されている NFS 共有が現在 NFS サーバーによりエクスポートされているか、またその共有へのクライアントのアクセスが許可されているかを確認します。

rpc.nfsd

3、4

このプロセスは、サーバーが定義する明示的な NFS バージョンとプロトコルをアドバタイズします。NFS クライアントが接続するたびにサーバースレッドを提供するなど、NFS クライアントの動的な要求に対応するために、カーネルと連携して動作します。

nfs-server サービスがこのプロセスを起動します。

lockd

3

このカーネルモジュールは、Network Lock Manager (NLM) プロトコルを実装します。これにより、クライアントがサーバー上のファイルをロックできるようになります。RHEL は、NFS サーバーの実行時にこのモジュールを自動的にロードします。

rpc.rquotad

3、4

このサービスは、リモートユーザーのユーザークォータ情報を提供します。

rpc.idmapd

4

このプロセスは、NFSv4 名 (`user@domain` 形式の文字列) とローカルのユーザー ID およびグループ ID をマッピングする NFSv4 クライアントおよびサーバーのアップコールを提供します。

gssproxy

3、4

このサービスは、rpc.nfsd に代わって krb5 認証を処理します。

nfsdcld

4

このサービスは、NFSv4 クライアント追跡デーモンを提供します。このデーモンは、ネットワークパーティションとサーバーの再起動中に他のクライアントが競合するロックを取得したときに、サーバーがロックの回収を許可するのを防止します。

rpc.statd

3

このサービスは、ローカルホストが再起動したときに他の NFSv3 クライアントに通知し、リモート NFSv3 ホストが再起動したときにカーネルに通知します。

関連情報

  • rpcbind (8)rpc.mountd (8) 、rpc.nfsd (8)rpc.statd (8)rpc.rquotad (8)、rpc.idmapd (8)gssproxy (8)nfsdcld (8)rpc.statd (8) man ページ
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.