検索

5.6. DNS サービスの拒否リストについて

download PDF

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) DNS サービス (designate) には拒否リスト機能があり、ユーザーが特定の正規表現に一致する名前でゾーンを作成できないようにします。たとえば、拒否リストを使用して、ユーザーが次のことを実行できないようにすることができます。

  • 特定のゾーンの作成。
  • 特定の文字列を含むゾーンの作成
  • 特定ゾーンのサブゾーンの作成。

example.com. が拒否リストのメンバーで、ドメインまたはプロジェクトユーザーが foo.example.com.example.com. などのゾーンを作成しようとすると、エラーが発生します。

$ openstack zone create --email admin@example.com example.com.
Blacklisted zone name
$ openstack zone create --email admin@example.com foo.example.com.
Blacklisted zone name
注記

use_blacklisted_zone のロールベースのアクセス制御を満たすユーザーは、拒否リストにある名前でゾーンを作成できます。デフォルトでは、このオーバーライドを持つユーザーは RHOSP システム管理者のみです。

OpenStack Client openstack zone blacklist コマンドを使用して拒否リストを作成、リスト表示、表示、変更、および削除できます。

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.