検索

7.3. ゾーンの更新

download PDF

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) DNS サービス (designate ) が管理するゾーンを更新する必要がある場合があります。たとえば、ゾーンに関連付けられた電子メールアドレスを変更する場合や、ゾーン TTL (time to live) 値を変更する場合などです。デフォルトでは、どのユーザーでもゾーンを変更できます。

前提条件

  • RHOSP プロジェクトは、変更するゾーンを所有する必要があります。

手順

  1. Source コマンドで認証情報ファイルを読み込みます。

    $ source ~/overcloudrc

  2. ゾーンの名前と、変更するゾーン属性を指定して、ゾーンを変更します。

    --email <email_address>
    ゾーンの責任者 (所有者) の有効な電子メールアドレス。
    --ttl <seconds>
    (Time To Live) たとえばリゾルバー、Web ブラウザー、オペレーティングシステムなどの DNS クライアントが更新されたかどうかを確認する前にレコードをキャッシュできる期間 (秒単位)。
    --description <string> | --no-description
    ゾーンの目的を記述する文字列。
    --masters <dns-server> [<dns-server> ...]

    プライマリーインスタンス (他の DNS サーバーが同期してセカンダリーサーバーになることができるインスタンス) である DNS サーバーの完全修飾ドメイン名。

    $ openstack zone set example.com. --ttl 3000

検証

  • ゾーンへの変更が成功したことを確認します。

    $ openstack zone show example.com.

関連情報

  • コマンドラインインターフェイスリファレンスzone set
  • コマンドラインインターフェイスリファレンスzone show
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.