検索

4.2. 仮想マシンインスタンスの DNS との統合

download PDF

Networking サービス (neutron) と DNS サービス (設計) 間の統合により、仮想マシンインスタンスを作成するたびに DNS を自動的に有効にできます。

前提条件

  • クラウド管理者が、DNS 対応インスタンスの作成時に、使用するために必要なネットワークが用意する。

手順

  1. Source コマンドで認証情報ファイルを読み込みます。

    $ source ~/overcloudrc

  2. クラウド管理者が提供したネットワークを使用して、インスタンスを作成します。

    以下の例では、クラウドユーザーは my_vm という名前のインスタンスを作成します。

    $ openstack server create --image cirros-0.5.2-x86_64-disk --flavor m1.micro --nic net-id=example-network my_vm

検証

  • 作成したインスタンスの DNS サービスにレコードが存在することを確認します。

    この例では、DNS サービスは example.com. ゾーンに対してクエリーされます。

    $ openstack recordset list --type A example.com.

    出力例

    +---------------+---------------------+------+------------+--------+--------+
    | id            | name                | type | records    | status | action |
    +---------------+---------------------+------+------------+--------+--------+
    | 7b8d1be6-1b23 | my_vm.example.com.  | A    | 192.0.2.44 | ACTIVE | NONE   |
    | -478a-94d5-60 |                     |      |            |        |        |
    | b876dca2c8    |                     |      |            |        |        |
    +---------------+---------------------+------+------------+--------+--------+

関連情報

  • コマンドラインインターフェイスリファレンスserver create
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.