検索

7.6. ゾーンのインポート

download PDF

ゾーンデータを Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) DNS サービスにインポートするには、たとえば openstack zone export showfile コマンドで生成されるデータから作成されるファイルなど、DNS ゾーンのデータファイル形式に準拠したファイルで openstack zone import コマンドを実行します。データをインポートする理由の 1 つは、ユーザーが誤ってゾーンを削除した場合です。

前提条件

  • RHOSP プロジェクトは、サブゾーンを作成するゾーンを所有している必要があります。そうでない場合、ゾーンは許可された TLD である必要があります。
  • すでに存在しているゾーンをインポートしてはなりません。
  • インポートするゾーンデータには、ゾーン TTL (time to live) 値が含まれている必要があります。

手順

  1. Source コマンドで認証情報ファイルを読み込みます。

    $ source ~/overcloudrc

  2. システムのゾーンをリスト表示します。

    $ openstack zone list
  3. インポートするゾーンがすでに存在する場合は、最初に openstack zone delete コマンドを実行してそのゾーンを削除する必要があります。

    $ openstack zone delete example.com.

  4. システムのゾーンをリスト表示して、ゾーンが存在しないことを確認します。

    $ openstack zone list
  5. インポート予定のゾーンデータにゾーン TTL 値が含まれていることを確認します。

    $ cat /home/stack/zone_file

    出力例

    $ORIGIN example.com.
    $TTL 3000
    
    example.com.  IN NS test.example.com.
    example.com.  IN SOA test.example.com. admin.example.com. 1624415706 9000 500 86000 5000
    www.example.com.  IN A 192.0.2.2
    test.example.com.  IN NS test.example.com.

  6. 有効なゾーンデータファイルをインポートします。

    $ openstack zone import create /home/stack/zone_file

検証

  • DNS サービスがゾーンを正常にインポートしたことを確認します。

    $ openstack recordset list -c name -c type -c records -c status example.com.

    出力例

    +-------------------+------+---------------------------------------------------------------------+--------+
    | name              | type | records                                                             | status |
    +-------------------+------+---------------------------------------------------------------------+--------+
    | example.com.      | SOA  | ns1.example.com. admin.example.com. 1624415706 3582 500 86000 3600  | ACTIVE |
    | test.example.com. | NS   | test.example.com.                                                   | ACTIVE |
    | example.com.      | NS   | ns1.example.com.                                                    | ACTIVE |
    | www.example.com.  | A    | 192.0.2.2                                                           | ACTIVE |
    +-------------------+------+---------------------------------------------------------------------+--------+

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.