検索

10.2. DNS サービスプール設定のエクスポート

download PDF

DNS プール設定のコピーを使用して、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) DNS サービス (designate) のトラブルシューティングを実行できます。

注記

RHOSP 17.1 では、複数のプールはサポートされていません。

手順

  1. Source コマンドで認証情報ファイルを読み込みます。

    $ source ~/overcloudrc

  2. designate-central コンテナーから designate-manage pool コマンドを実行します。まず、コントロールプレーン仮想マシンインスタンスの IP アドレスを取得します。

    この例のコントローラーの名前は overcloud-controller-0 です。

    $ CTRL_IP=$(openstack server list -f value -c Networks \
    --name overcloud-controller-0 | sed 's/ctlplane=//')
  3. いずれかのコントローラーノードにログインし、現在実行中の DNS サービスプール設定をコンソールに表示します。

    $ ssh tripleo-admin@${CTRL_IP} sudo podman exec -i -u root \
    designate-central designate-manage pool show_config

    出力例

    Pool Configuration:
    -------------------
    also_notifies: []
    attributes: {}
    description: Default Pool
    id: 794ccc2c-d751-44fe-b57f-8894c9f5c842
    name: default
    nameservers:
    - host: 192.0.2.111
      port: 53
    - host: 192.0.2.109
      port: 53
    - host: 192.0.2.131
      port: 53
    ns_records:
    - hostname: ns2.example.com.
      priority: 2
    - hostname: ns1.example.com.
      priority: 1
    - hostname: ns3.example.com.
      priority: 3
    targets:
    - description: BIND9 Server 3
      masters:
      - host: 192.0.2.137
        port: 16002
      - host: 192.0.2.137
        port: 16001
      - host: 192.0.2.137
        port: 16000
      options:
        host: 192.0.2.111
        port: '53'
        rndc_config_file: /etc/designate/private/bind3.conf
        rndc_host: 192.0.2.111
        rndc_port: '953'
      type: bind9
    - description: BIND9 Server 2
      masters:
      - host: 192.0.2.137
        port: 16001
      - host: 192.0.2.137
        port: 16002
      - host: 192.0.2.137
        port: 16000
      options:
        host: 192.0.2.131
        port: '53'
        rndc_config_file: /etc/designate/private/bind2.conf
        rndc_host: 192.0.2.131
        rndc_port: '953'
      type: bind9
    - description: BIND9 Server 1
      masters:
      - host: 192.0.2.137
        port: 16002
      - host: 192.0.2.137
        port: 16001
      - host: 192.0.2.137
        port: 16000
      options:
        host: 192.0.2.109
        port: '53'
        rndc_config_file: /etc/designate/private/bind1.conf
        rndc_host: 192.0.2.109
        rndc_port: '953'
      type: bind9

  4. 現在のプール設定をファイルにエクスポートするには、designate-manage pool generated_file コマンドを使用します。

    $ sudo podman exec -i designate-manage pool generate_file \
    --file ~/my_dns_service_config.yaml

    ヒント

    podman cp コマンドを使用して、コンテナーからローカルシステムにファイルをコピーします。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.