検索

6.3. DNS リソースクォータをデフォルト値にリセットする

download PDF

DNS サービス (designate) を使用して、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) プロジェクトの DNS リソースクォータをデフォルト値にリセットできます。

前提条件

  • admin ロールを持つ RHOSP ユーザーである。

手順

  1. クラウド管理者として、認証情報ファイルを入手します。

    $ source ~/overcloudrc

  2. クォータをリセットするプロジェクトの ID を取得します。

    ID は後のステップに必要なので、覚えておいてください。

    $ openstack project list
  3. プロジェクト ID を使用して、プロジェクトの DNS リソースクォータをリセットします。

    この例では、ID が ecd4341280d645e5959d32a4b7659da1 であるプロジェクトのクォータがデフォルト値にリセットされています。

    $ openstack dns quota reset --project-id ecd4341280d645e5959d32a4b7659da1

    成功した openstack dns quota reset コマンドからの出力はありません。

検証

  • プロジェクトの DNS リソースクォータがリセットされたことを確認します。

    $ openstack dns quota list --project-id ecd4341280d645e5959d32a4b7659da1

    出力例

    +-------------------+-------+
    | Field             | Value |
    +-------------------+-------+
    | api_export_size   | 1000  |
    | recordset_records | 20    |
    | zone_records      | 500   |
    | zone_recordsets   | 500   |
    | zones             | 10    |
    +-------------------+-------+

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.