検索

8.3. レコードセットの更新

download PDF

デフォルトでは、どのユーザーでも Red Hat OpenStack Platform DNS サービス (designate) のレコードセットを更新できます。

前提条件

  • プロジェクトは、レコードセットを更新するゾーンを所有している必要があります。

手順

  1. Source コマンドで認証情報ファイルを読み込みます。

    $ source ~/overcloudrc

  2. openstack recordset set コマンドを使用して、レコードセットを変更します。

    この例では、ユーザーはレコードセット web.example.com. を、2 つのレコードを含めるように更新しています。

    $ openstack recordset set example.com. web.example.com. --record 192.0.2.5 --record 192.0.2.6
    注記

    レコードセットを更新する場合は、その ID または名前で識別できます。名前を使用する場合は、完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用する必要があります。

検証

  • list コマンドを実行して変更を確認します。

    $ openstack recordset list -c name -c type -c records example.com.

    出力例

    +------------------+------+----------------------------------------------+
    | name             | type | records                                      |
    +------------------+------+----------------------------------------------+
    | example.com.     | SOA  | ns1.example.net. admin.example.com 162001261 |
    |                  |      | 6 3599 600 86400 3600                        |
    |                  |      |                                              |
    | example.com.     | NS   | ns1.example.net.                             |
    |                  |      |                                              |
    | web.example.com. | A    | 192.0.2.5 192.0.2.6                          |
    |                  |      |                                              |
    | www.example.com. | A    | 192.0.2.1                                    |
    +------------------+------+----------------------------------------------+

関連情報

  • コマンドラインインターフェイスリファレンスrecordset create コマンド
  • コマンドラインインターフェイスリファレンスrecordset list コマンド
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.