検索

15.5. インスタンスのライブマイグレーション

download PDF

ライブマイグレーションでは、ダウンタイムを最小限に抑えて、インスタンスを移行元コンピュートノードから移行先コンピュートノードに移動します。ライブマイグレーションがすべてのインスタンスに適しているとは限りません。詳細は、移行の制約 を参照してください。

手順

  1. インスタンスのライブマイグレーションを行うには、インスタンスおよび移行先コンピュートノードを指定します。

    (overcloud)$ openstack server migrate <instance> --live-migration [--host <dest>] --wait
    • <instance> をインスタンスの名前または ID に置き換えてください。
    • <dest> を移行先コンピュートノードの名前または ID に置き換えてください。

      注記

      openstack server migrate コマンドは、共有ストレージを持つインスタンスの移行が対象です。これがデフォルトの設定です。ローカルに確保されたボリュームを移行するには、--block-migration フラグを指定します。

      (overcloud)$ openstack server migrate <instance> --live-migration [--host <dest>] --wait --block-migration
  2. インスタンスが移行されていることを確認します。

    (overcloud)$ openstack server show <instance>
    
    +----------------------+--------------------------------------+
    | Field                | Value                                |
    +----------------------+--------------------------------------+
    | ...                  | ...                                  |
    | status               | MIGRATING                            |
    | ...                  | ...                                  |
    +----------------------+--------------------------------------+
  3. 移行が完了するまで待ちます。インスタンスの移行が完了するのを待つ間、移行のステータスを確認することができます。詳細は、Checking migration status を参照してください。
  4. インスタンスのステータスをチェックして、移行が成功したかどうかを確認します。

    (overcloud)$ openstack server list --host <dest> --all-projects

    <dest> を移行先コンピュートノードの名前または ID に置き換えてください。

  5. オプション: メンテナンスのために移行元コンピュートノードを無効にした場合は、新規インスタンスがノードに割り当てられるようにノードを再度有効にする必要があります。

    (overcloud)$ openstack compute service set <source> nova-compute --enable

    <source> を移行元コンピュートノードのホスト名に置き換えてください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.