検索

第8章 PCI パススルーの設定

download PDF

PCI パススルーを使用して、グラフィックカードまたはネットワークデバイス等の物理 PCI デバイスをインスタンスにアタッチすることができます。デバイスに PCI パススルーを使用する場合、インスタンスはタスクを実行するためにデバイスへの排他的アクセスを確保し、ホストはデバイスを利用することができません。

重要

ルーティング対応プロバイダーネットワークでの PCI パススルーの使用

Compute サービスは、複数のプロバイダーネットワークにまたがる単一のネットワークをサポートしません。ネットワークに複数の物理ネットワークが含まれる場合、Compute サービスは最初の物理ネットワークだけを使用します。したがって、ルーティング対応プロバイダーネットワークを使用する場合は、すべてのコンピュートノードで同じ physical_network 名を使用する必要があります。

VLAN またはフラットネットワークのルーティング対応プロバイダーネットワークを使用する場合は、すべてのセグメントで同じ physical_network 名を使用する必要があります。その後、ネットワークに複数のセグメントを作成し、そのセグメントを適切なサブネットにマッピングします。

クラウドユーザーが PCI デバイスがアタッチされたインスタンスを作成できるようにするには、以下の手順を実施する必要があります。

  1. PCI パススルー用のコンピュートノードを指定する。
  2. 必要な PCI デバイスを持つ PCI パススルー用のコンピュートノードを設定する。
  3. オーバークラウドをデプロイする。
  4. PCI デバイスがアタッチされたインスタンスを起動するためのフレーバーを作成する。

前提条件

  • 必要な PCI デバイスを持つコンピュートノード

8.1. PCI パススルー用コンピュートノードの指定

物理 PCI デバイスが接続されたインスタンスのコンピュートノードを指定するには、新しいロールファイルを作成して PCI パススルーロールを設定し、PCI パススルーのコンピュートノードにタグを付けるために使用する PCI パススルーリソースクラスを使用してベアメタルノードを設定する必要があります。

注記

以下の手順は、まだプロビジョニングされていない新しいオーバークラウドノードに適用されます。すでにプロビジョニングされている既存のオーバークラウドノードにリソースクラスを割り当てるには、スケールダウン手順を使用してノードのプロビジョニングを解除してから、スケールアップ手順を使用して新しいリソースクラスの割り当てでノードを再プロビジョニングする必要があります。詳細は、オーバークラウドノードのスケーリング を参照してください。

手順

  1. アンダークラウドに stack ユーザーとしてログインします。
  2. stackrc ファイルを取得します。

    [stack@director ~]$ source ~/stackrc
  3. ControllerCompute、および ComputePCI ロールを含む、roles_data_pci_passthrough.yaml という名前の新しいロールデータファイルを、オーバークラウドに必要なその他のロールとともに生成します。

    (undercloud)$ openstack overcloud roles \
     generate -o /home/stack/templates/roles_data_pci_passthrough.yaml \
     Compute:ComputePCI Compute Controller
  4. roles_data_pci_passthrough.yaml を開き、以下のパラメーターおよびセクションを編集または追加します。

    セクション/パラメーター現在の値新しい値

    ロールのコメント

    Role: Compute

    Role: ComputePCI

    ロール名

    Compute

    name: ComputePCI

    description

    Basic Compute Node role

    PCI パススルー用コンピュートノードロール

    HostnameFormatDefault

    %stackname%-novacompute-%index%

    %stackname%-novacomputepci-%index%

    deprecated_nic_config_name

    compute.yaml

    compute-pci-passthrough.yaml

  5. オーバークラウドの PCI パススルー用コンピュートノードをノード定義のテンプレート node.json または node.yaml に追加して、そのノードを登録します。詳細は、director を使用した Red Hat OpenStack Platform のインストールと管理 ガイドの オーバークラウドのノードの登録 を参照してください。
  6. ノードのハードウェアを検査します。

    (undercloud)$ openstack overcloud node introspect \
     --all-manageable --provide

    詳細は、director を使用した Red Hat OpenStack Platform のインストールと管理 ガイドの ベアメタルノードハードウェアのインベントリーの作成 を参照してください。

  7. PCI パススルー用に指定する各ベアメタルノードに、カスタムの PCI パススルーリソースクラスをタグ付けします。

    (undercloud)$ openstack baremetal node set \
     --resource-class baremetal.PCI-PASSTHROUGH <node>

    <node> をベアメタルノードの ID に置き換えてください。

  8. ノード定義ファイル overcloud-baremetal-deploy.yamlComputePCI ロールを追加し、予測ノード配置、リソースクラス、ネットワークトポロジー、またはノードに割り当てたいその他の属性を定義します。

    - name: Controller
      count: 3
    - name: Compute
      count: 3
    - name: ComputePCI
      count: 1
      defaults:
        resource_class: baremetal.PCI-PASSTHROUGH
        network_config:
          template: /home/stack/templates/nic-config/myRoleTopology.j2 1
    1
    既存のネットワークトポロジーを再利用するか、ロール用の新しいカスタムネットワークインターフェイステンプレートを作成できます。詳細は、director を使用した Red Hat OpenStack Platform のインストールと管理 ガイドの カスタムネットワークインターフェイステンプレート を参照してください。network_config プロパティーを使用してネットワーク定義を定義しない場合、デフォルトのネットワーク定義が使用されます。

    ノード定義ファイルでノード属性を設定するために使用できるプロパティーについて詳しくは、ベアメタルノードのプロビジョニング属性 を参照してください。ノード定義ファイルの例は、ノード定義ファイルの例 を参照してください。

  9. プロビジョニングコマンドを実行して、ロールの新しいノードをプロビジョニングします。

    (undercloud)$ openstack overcloud node provision \
    --stack <stack> \
    [--network-config \]
    --output /home/stack/templates/overcloud-baremetal-deployed.yaml \
    /home/stack/templates/overcloud-baremetal-deploy.yaml
    • <stack> を、ベアメタルノードがプロビジョニングされるスタックの名前に置き換えます。指定しない場合、デフォルトは overcloud です。
    • --network-config オプションの引数を含めて、cli-overcloud-node-network-config.yaml Ansible Playbook にネットワーク定義を提供します。network_config プロパティーを使用してネットワーク定義を定義しない場合、デフォルトのネットワーク定義が使用されます。
  10. 別のターミナルでプロビジョニングの進捗をモニタリングします。プロビジョニングが成功すると、ノードの状態が available から active に変わります。

    (undercloud)$ watch openstack baremetal node list
  11. --network-config オプションを指定してプロビジョニングコマンドを実行しなかった場合は、network-environment.yaml ファイルで <Role>NetworkConfigTemplate パラメーターを設定して、NIC テンプレートファイルを指すようにします。

    parameter_defaults:
       ComputeNetworkConfigTemplate: /home/stack/templates/nic-configs/compute.j2
       ComputePCINetworkConfigTemplate: /home/stack/templates/nic-configs/<pci_passthrough_net_top>.j2
       ControllerNetworkConfigTemplate: /home/stack/templates/nic-configs/controller.j2

    <pci_passthrough_net_top>ComputePCI ロールのネットワークトポロジーを含むファイルの名前に置き換えます。たとえば、デフォルトのネットワークトポロジーを使用するには、compute.yaml のようにします。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.